射精コントロールを習得しよう!早漏・遅漏のトレーニング方法とは

  • 射精コントロールのポイントと注意点!

    射精コントールの方法をする上では、気をつけたい注意点もあります。方法がわかったとしても、注意点を理解していなければ効果はあまり得られません。むしろ逆効果に繋がってしまう恐れも否定できません。

    どんなことに気をつければいいのか、射精コントロールを成功させるポイントと合わせて紹介していきます。

    我慢のし過ぎには要注意!


    特に早漏の人は注意が必要ですが、射精を我慢しすぎるのは厳禁。ある程度射精を我慢することが、射精コントロールに繋がるのは事実です。しかし、あまりにも我慢するとペニスに痛みを伴う恐れが出てくるため、あまり無理しすぎるのはよくありません。

    また、我慢しすぎるあまりペニスが萎えてしまう可能性も十分にありえます。特にセックスの時は我慢しようと無理してしまい、逆に萎えて勃起しなくなったケースは少なくないため注意が必要です。

    射精コントロールは無理のないペースで続けていくことが大切なため、我慢をし過ぎないように気をつけましょう。

    射精コントロールを意識しすぎない


    早漏も遅漏もデメリットが多いとわかると、少しでも早く改善したいと考えてしまうものでしょう。しかし焦りは禁物です。射精コントロールを意識して、オナニーやセックスに集中できなくなると、緊張からペニスが萎えてしまう恐れが出てくるのです。

    何事も意識しすぎることは空回りに繋がります。射精コントロールも同じで、上手くやろうと意識しすぎることで、逆に上手くいかなくなる可能性は十分にありえるのです。

    自分のペースで無理をせずに続けていくことが、射精コントロール成功の秘訣だと言えます。特にセックス中は射精コントロールしようと意識しすぎる人が多いため、あくまでセックスを楽しむことを忘れないようにしましょう。

    リラックスできる環境づくりが大切


    射精に必要なのはコントロールだけではありません。リラックスできる環境も必要で、環境が整っていなければほとんどの男性は射精するのが難しくなります。

    特にストレスや肉体的に疲労が溜まっていると、どんな男性でも射精しづらい状態に陥ります。そうなってくるといくら射精コントロールを訓練したとしても、上手く成果が発揮できず、不完全燃焼に終わる原因になりかねません。自信喪失してしまう人もいるでしょう。

    必要であれば落ち着ける空間でオナニーやセックスをしていくのがおすすめです。心身がリラックスできる状態が射精の大前提だということを忘れないようにしてくださいね。

    彼女にも協力してもらうと心強い


    彼女に早漏や遅漏で悩んでいることを正直に伝えると、射精コントロールの方法も試しやすくなります。特にセックスは、オナニーと比べると問題点が多いのが事実です。そんなセックスを、実際に問題点と向き合いながらながら彼女と工夫したり色々と試していけば、射精コントロールもより早くできるようになっていくでしょう。

    また、彼女が協力してくれるというのは気持ち的に楽になるのが事実です。プレッシャーを感じることもなくなるため、安心して射精コントロールできるように努力することができます。

    彼女からのアドバイスも聞きやすいため、射精コントロールをしたいならば正直に悩みを打ち明けてみると良いでしょう。