射精コントロールを習得しよう!早漏・遅漏のトレーニング方法とは

  • セックス中射精コントロールする方法≪早漏編≫

    次に解説していきたいのが、セックス中にできる射精コントロール方法です。射精コントロールはオナニーである程度できるようになりますが、セックスでも意識をすれば、さらに効果が期待できます。

    ここでは早漏男性向けのセックス中にできる射精コントロールについて注目していきましょう。

    厚手のコンドームを試す


    ペニスへの刺激や快感に弱い早漏男性は、厚手のコンドームをセックス中に身につけるようにしてください。厚手のコンドームならばペニスへの刺激が軽減されるため、射精欲も抑えられるようになるでしょう。

    中には厚手のコンドーム=かっこ悪いというイメージを持つ男性もいるはずです。女性を前にして、厚手のコンドームを使用するのはやや恥ずかしいと感じるのも当然でしょう。

    しかし女性の大半はコンドームに興味を持っていません。安心して厚手のコンドームを使い、射精コントロールできるように頑張ってみましょう。

    挿入してもしばらく動かない


    挿入してすぐに射精してしまう早漏男性は、挿入したらしばらく動かないようにしましょう。動いてしまえばペニスが膣の刺激に耐えきれず、射精してしまいます。挿入して時間を置くことで、ペニスが膣の感覚に慣れ、射精しにくくなる効果が期待できるのです。

    騎乗位で快感に慣れさせてもらう


    すぐに射精しそうかも…と不安な早漏男性は、騎乗位にチャレンジしてみましょう。騎乗位は女性が主体となる体位で、女性が快感を得やすいという特徴を持っています。しかし、男性の場合は他の体位と比べると快感を得にくいという特徴があるってご存知でしたか?

    男性にとって騎乗位はあくまで快感よりも、視覚的に興奮を感じる体位なのです。そのため、イキやすい早漏男性と騎乗位の相性は抜群。挿入してもすぐに射精する確率は低くなるため、射精コントロールをするにはもってこいの体位だと言えます。

    また、早漏男性はセックス自体に慣れていない人も珍しくありません。騎乗位で膣の快感に慣れることで、他の体位も徐々に試せるようになるでしょう。

    イキそうになったら動きを止める


    セックスのテクニックでもあるのが、イキそうになったら動きを止めるということです。特に早漏の場合は、イキそうになったら意地を張らず、すぐに動きを止めていきましょう。射精を防げるだけでなく、徐々に快感に慣れていけるようになります。

    また、動いたり止まったりすることは、女性の快感を引き出すテクニックにもなるってご存知ですか?男性が動けば膣への刺激から女性は気持ちよくなれますが、動きが止まれば快感が得られずもどかしくなります。もどかしい状態は興奮を高めていき、次に動いた時には焦らされた分、強い快感を得られるようになるのです。