射精コントロールを習得しよう!早漏・遅漏のトレーニング方法とは

  • オナニーで射精コントロールする方法≪早漏編≫

    射精コントロールの必要性がわかったところで、次に注目していくのが射精コントロールをする方法です。この項目ではオナニーでできる射精コントロールのやり方を解説していくため、日頃から試していくことをおすすめします。

    まず注目していくのが、早漏向けオナニーで射精コントロールする方法です。早漏を改善したい人はぜひ試していきましょう。

    ペニスを刺激に慣れさせる


    そもそも早漏である理由は、ペニスが刺激に慣れていないという可能性が考えられます。刺激に慣れていないと快感に耐えられず、勢いから射精してしまうのでしょう。

    そのため、オナニーでできるだけペニスに刺激を与え、刺激や快感に慣れさせる必要があります。刺激や快感は与え続けていれば次第に慣れていくため、少しずつペニスへの刺激を増やすいていき、遅漏を改善していきましょう。

    早漏トレーニング用のTENGAを使う


    射精トレーニングでおすすめしたいのが、早漏トレーニング用として発売されているTENGAを使用する方法です。TENGAは男性ならば一度は耳にしたことがあるでしょう。オナニー用のアイテムであり、手でするよりも大きな快感が得られるようになります。

    早漏トレーニング用であるため、使用していけば徐々に射精のタイミングを遅らせられるようになるでしょう。オナニー用アイテムであるため、完全に自分一人でオナニーするよりも効果が期待できます。

    本格的に早漏を改善したい人にはぴったりのアイテムです。

    オナニー頻度を高める


    オナニー頻度を高めることも、射精コントロールの一つです。そもそも早漏の人はペニスへの刺激に慣れていないことが多いため、射精コントロールをするためには刺激の回数を増やす必要があります。

    週に1度しかオナニーしないというならば、できるだけ毎日オナニーするようにしていきましょう。オナニー回数を増やしていけば、ペニスも刺激に慣れてくるはずです。

    射精しそうになったら手を止める


    早漏を改善するためにもオナニーで意識しておきたいのが、射精しそうになったら我慢するということです。手コキやオナホを使っている手を止めて、射精したい気持ちを抑えていきましょう。

    最初は我慢できずに射精することもあるかもしれませんが、回数を重ねていけば我慢できるようになるはずです。少しずつ射精までの時間を伸ばしていき、早漏を改善していきましょう。