射精コントロールを習得しよう!早漏・遅漏のトレーニング方法とは

  • 射精コントロールして欲しい!女性の本音

    遅漏も早漏も基本的に女性からは歓迎されません。どちらも女性からはセックスに対する不満を抱かれやすく、できればセックスしたくないと思われる原因になることもあります。

    中には遅漏も早漏もそこまで大きな問題ではないと考えている人もいるかもしれませんが、彼女がいる場合は楽観視していると後悔する可能性大。彼女から呆れられ、別れの原因になる可能性も否定できません。

    そうならないためにも、射精コントロールしてほしいと感じていいる女性の本音を見て、射精コントロールの重要性を確かめていきましょう。

    えっ…もう終わり?早漏すぎる彼


    「早漏だと言っていた彼とのセックスは、とりあえず雰囲気だけ楽しめればいいかなと思っていた。けれどいざセックスしてみたら、挿入した瞬間にまさかの射精。あまりにも早すぎて反応に困った」(29歳/女性/会社員)

    あまりにも早漏だと、挿入した瞬間に射精をし、女性を驚かしてしまうことがあります。いくら早漏だと自己申告していても、挿入した瞬間や直後に射精すると考えている女性は多くありません。あまりの早漏具合に、女性の大半驚き、反応に困ってしまうでしょう。

    射精してもすぐに勃起するならば問題ありませんが、そのまま萎えた状態だとセックスは中断せざるを得ない状態になります。そんなセックスが続けば、女性の大半は気持ちが萎えてしまい、満足できないセックスに不満を持つようになるでしょう。

    痛い!長ければいいというわけではない


    「1時間くらい挿入しててもなかなかイカない彼。最初は気持ちがいいけれど、だんだん膣も乾いてくるし、何より痛みが出てくる。早漏よりはマシだと思ってたけれど、最近は痛いのが嫌でセックスへのモチベーションが上がりません」(27歳/女性/美容師)

    なかなかイケない遅漏男性は、膣に挿入して1時間経っても射精できずにいる人は珍しくありません。ずっと突かれていて気持ちいいだろうと女性に対し男性は思いがちですが、実は長時間の挿入は痛みを伴うことがほとんど。ずっと突かれている膣は痛みを感じるようになるのです。

    早漏すぎてセックスできないのがキツイ


    「早いとフェラや手コキだけでイってしまう彼。挿れてもすぐにイっちゃうから全然セックスできなくて、不満が溜まる一方です…」(32歳/女性/販売業)

    すぐにイってしまう早漏は、挿入前のフェラや手コキでイってしまうことも珍しくありません。挿入してもすぐに射精するため、なかなか気持ちいいセックスができず女性の不満は溜まる一方です。

    また、早漏は一人で満足しているようにも見えてしまうため、女性から「自分だけ気持ちよくなってずるい」と思われることも。女性によっては、体目当てに使われている思ってしまう女性もいるため注意が必要です。

    長時間は正直疲れる…


    「長く挿れられても痛くはないし、気持ちいいのは本音なんだけど、正直長時間のセックスは体力的にしんどい。気持ちいいと喘いじゃうから、喉も枯れてカスカスになることもある。もう少し短めの疲れないセックスを楽しみたい」(31歳/女性/公務員)

    女性によっては長時間の挿入でも痛みを感じない人もいます。痛みを感じるかどうかは人それぞれであるため、そういった女性は遅漏男性とセックスの相性は良いと言えるでしょう。

    しかし、痛みを感じなくても長引くセックスは体力の消耗が激しいのが事実です。疲れが目立ってくると快感よりも「早く終わりにしたい」と感じ、次第にセックスをするのが億劫になってきます。