射精コントロールを習得しよう!早漏・遅漏のトレーニング方法とは

  • 射精コントロールをすべき理由とは?

    なぜ射精コントロールが必要となるのか、具体的な理由に注目しておくことも大切です。早漏や遅漏の男性の中には「そこまで重要なこと?」と疑問に思う人もいるでしょう。確かに、早漏や遅漏は男性の問題であるため、自分が納得していれば問題に思えないのも頷けます。

    しかし、もしあなたに彼女や妻がいるならば、射精コントロールをしたほうが良いと言えるのです。

    なぜ射精コントロールが必要なのか、その理由を早速見ていきましょう。

    早漏すぎると女性を満足させられない


    早漏は少しの快感ですぐに射精してしまうという特徴を持っています。オナニーをするならば、短時間で射精できるためメリットに感じている人もいるでしょう。

    しかし、セックスとなれば話は変わってきます。セックスは自分だけが気持ちよくなるわけではありません。彼女と一緒に気持ちよくなることが大切であるため、すぐに射精してしまう早漏は歓迎されない存在なのです。

    早く射精してしまえばセックスを満足にできず、女性に不満を持たれることもあるでしょう。そうなるとセックスの相性が悪いと思われ、別れの原因になることもあります。

    遅漏は彼女を不安にさせる可能性も


    早く射精しない遅漏ならば、彼女を喜ばせてあげられる…そう自信を持つ遅漏男性もいるでしょう。しかし、遅漏は女性を不安にさせる可能性があるってご存知ですか?

    セックスに対し自信を持っている女性はあまりいません。彼氏がなかなかイかないと「自分に魅力が足りないのかな」「自分の膣が緩いのかも」と、さまざまな不安を抱くようになります。そうなるとセックスが楽しめなくなり、次第にしたくないという気持ちが芽生えてくることも珍しくありません。

    いくら言葉で大丈夫だと声をかけても、実際にイかない彼氏を目の当たりにすれば、その言葉は気休めとしか捉えられないでしょう。

    遅漏や早漏はセックスを中断させるリスクがある


    セックスを中断せざるを得ないリスクを、早漏も遅漏も持っています。

    早漏はすぐに射精することで勃起できず、セックスを中断してしまうでしょう。遅漏はなかなかイけず、気まずい雰囲気から中断してしまうこともあります。早漏も遅漏も、セックスが思うように楽しめないというデメリットを抱えているのです。

    色々なプレイができるようになる


    射精コントロールで早漏や遅漏を改善していけば、色々なプレイを楽しめるようになります。射精するタイミングをある程度コントロールできるため、色々なプレイに対応しやすくなるのです。

    たとえば早漏ならば、刺激に弱い分、変わったプレイをしてしまえば興奮やいつもと違った快感からすぐに射精してしまうでしょう。しかし早漏が改善されれば、興奮しても射精することなく、セックスを楽しむことができます。

    遅漏の場合も同様で、女性に不安な思いをさせたり気まずい雰囲気になることもなくなるため、セックスを存分に楽しめるようになるでしょう。さまざまなプレイをしても好きなタイミングでイければ、最高の気分でセックスを終わりにすることができます。