「ビデオ試写室」情報まとめ!基本の利用方法から楽しみ方まで大公開

「ビデオ試写室」がどんな場所なのか、知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では、ビデオ試写室の基本的な利用方法から、「こんな使い方もあるんだ!」という意外な利用方法、楽しみ方などを詳しく紹介していきます。行ったことがない人は、ぜひ読んでみてくださいね。

  • そもそも「ビデオ試写室」って何なの?

    街中で「ビデオ試写室」という看板をよく見ます。「なんとなくどんな所なのか想像はつくけど、ビデオ試写室が実際どんな場所なのか詳しくは知らない」という男性もいるのでは?この記事では、人にはなかなか聞けない「ビデオ試写室」について詳しく説明していきます。

    ビデオ試写室での楽しみ方や、今人気上昇中のビデオ試写室での宿泊についても解説していきますので、男性は必見ですよ。

    「ビデオ試写室」についてざっくり解説


    ビデオ試写室とは、簡単に説明すると、男性がオナニーをするために利用する店です。ただし、風俗店のように女性からのサービスがあるわけではありません。店に置いてあるアダルトビデオを選び、それぞれに用意された個室の中でビデオを鑑賞することが主な用途です。

    完全個室で防音性が高く、他のお客さんの気配を感じることがあまりないので、一人の時間がほしい男性や、時間をつぶしたい男性に人気となっています。

    「ビデオ試写室」と「ネットカフェ」の違いとは?


    ネットカフェは、深夜帯は年齢制限がありますが、基本的には老若男女、誰でも入店できます。個室スペースが設けられており、自由にパソコンを使用したり、全年齢向けの漫画やDVDを楽しむことができます。ドリンクバーや軽い食事なども充実しています。

    一方、ビデオ試写室は18歳未満は入店禁止です。店に置いてあるDVDはほとんどがアダルトビデオなので、そこがネットカフェとの大きな違いと言えるでしょう。また、個室は防音となっており、よほど大きな音量で聞かない限り、アダルトビデオを観ても外に音が漏れることはありません。

    ネットカフェは、漫画やDVD、インターネットなど、誰でも楽しめるように作られていますが、ビデオ試写室は、男性がアダルトビデオを観るという限られた目的を持っています。

    客層はどんな感じ?


    ビデオ試写室に来店する客層は広く、休憩中のサラリーマンや大学生、お年寄りまで、さまざまな年齢層の男性が訪れています。最近では外国人も増えていますよ。休日前の夕方から深夜にかけての時間帯が、特にお客さんの出入りが激しくなっています。

    未成年でなければ、どのような男性でも来店しても大丈夫ですので、安心してください。