メシマズ嫁で離婚の危機?驚きの迷料理6選&メシマズ嫁への対処法

  • 離婚の危機に!メシマズ嫁へのNG行動とは?

    メシマズ嫁のまずい料理に文句のひとつでも言いたくなる気持ちはあるでしょう。しかし、離婚の危機に直面する可能性が高いNG行動があるので要注意。

    まずい料理にうんざりしていても、以下のような行動はしないように気をつけましょう。無意識にNG行動をしてしまっていないか、思い出してみてください。

    厳しくダメ出しをする


    「しょっぱい」「味がない」と、食事のたびに厳しくダメ出しをしていませんか?メシマズ料理が出てきたら文句を言いたくなるかもしれませんが、そこはグッと堪えましょう。

    メシマズ嫁も人間ですから、毎日ダメ出しばかりされていては気が滅入ります。毎日のダメ出しの積み重ねで心を病んでしまい、離婚を言い渡されることもあるかもしれません。

    美味しいと嘘をつき続ける


    まずい料理を美味しいと嘘をつき続けるのは、メシマズ嫁のためになりません。まずいのに美味しいと勘違いし続け、メシマズが直らない悪循環にはまるからです。

    メシマズが直らないのも困りますが、ある日、妻が自分の料理がまずいことに気がついたときが厄介です。「今まで嘘をついていたの?」と信頼をなくし、離婚するきっかけになりかねません。

    作った料理をけなす


    出されたものがメシマズ料理でも、がんばって作ってくれたことには変わりありません。そのことには感謝しましょう。せっかく作った料理を「まずい」「こんなもの食えるか」などと言われては、誰でも傷つきます。

    このように料理をけなすのは、言葉による暴力であり、モラルハラスメントになりかねないので、離婚の危機になるでしょう。

    妻に料理をさせない


    まずい料理を食べたくないので、自分で作るという人もいるでしょう。しかし、ずっと料理をさせてもらえないと、「なぜ作らせてもらえないの?」と妻に不満がどんどん溜まっていきます。

    妻が料理をすることを苦痛に感じているなら、夫が食事担当になればいいと思いますが、意欲があるのに料理をさせないでいると、腕が上達しません。メシマズがいつまでも直らないどころか、妻にどんどん不満が蓄積。とうとう爆発したときに離婚…という形になる可能性があります。