女性が好きな男性にとる態度【完全版】シチュエーション別に徹底解説!

  • 好きor勘違い?女性の好意の見極め方!

    ここまで読んでみて、あの女性は自分のことを好きなのかも…なんてドキドキしてしまうような方は思い浮かびましたか?でもちょっと待ってください。もしかしたらそれ、勘違いかもしれません。

    この章では、気になる女性が自分のことを好きなのか、はたまた勘違いなのかを読み解いていきます。最後まで気を抜かずにチェックしてみてくださいね。

    自分以外の男性にも同じ態度か


    これまでを振り返ってみたときに「あれ?これは好きってこと??」と思ってしまうような相手はいますか?たとえばプライベートを聞かれたり、LINEの返信が早かったり、他愛ない話を楽しんでいたりなど…。気になる女性にそんな態度をとられたら、期待してしまいますよね。

    しかし、実はこれ、世間話が好きな女性にとっては当たり前のコミュニケーションなのです。見極め方としては「他の人にも同じ態度をとっていないか」があげられます。

    もちろん、他の人には聞かずに、自分にしか聞いてこないのであれば、それは好意である可能性はとても高いです。ですが他の人にも平等に聞いているようであれば、単なる話好きとして処理してよいでしょう。

    他の女性と話していると嫉妬するかどうか


    自分が他の女性と楽しそうに話しているときに、特定の女性からチラチラと視線を感じたことはありますか?感じたことがあるのであれば、それは嫉妬の視線である可能性が高いです。また、そのあと相手の女性と接したときにいつもよりそっけない態度を取られたら、嫉妬を通り越して拗ねている場合もあります。

    ただし、相手の人間関係も理解している女性や、落ち着いた女性であれば、嫉妬しないこともあります。女性の性格もみた上で判断すると良いですね。

    好きな男性を目で追う


    女性は好きな男性が近くにいるだけで嬉しく、楽しい気持ちになれます。また目の届く範囲にいると、何をしているのか気になってしまうため、つい目で追ってしまうことも。男性側も、視線を感じると、気になってその方向に目を向けてしまいますよね。目がよく合う理由は大抵こういったことです。

    ただし、こちらがよく見つめている場合、相手の女性も視線を追った先にこちらがいたというだけになりますので、こういった場合はカウントされません。

    自分と話してるときに楽しそうにしているか


    一番重要なのは、自分と話しているときに楽しそうにしているかどうかです。話すときは常に笑顔だったり、話を膨らませようとしたり、質問を交えて会話をしたりするかどうかを中心にみてください。

    また、女性は好きな男性にはボディタッチをよくします。笑いながら「やだー、もー」なんて言いながら腕をパシパシ叩いたりするのも特徴でしょう。

    いずれにせよ、女性は好きでもない相手との話は早く切り上げたいとすら思っていることが多いので、楽しそうにボディタッチを交えながら話す女性は好意があると思ってよいでしょう。

    目を見つめて話すかどうか


    話しているときに目が合うかどうかも一つのチェックポイントとして使えます。女性は苦手とする男性や、好きでもない男性の目を見つめながら話すのは苦痛と感じるため、まず目を合わせてくれる時点で嫌われてはいないと判断できます。

    この点にプラスして、上目遣いを使ってきたり、潤んだ目で見つめられたりしたら、好意があると自信を持ってもよいでしょう。好きな男性以外にかわいいと思われること自体が好きではない女性も多いため、一般的にかわいいとされるこちらの仕草を使ってきたら、好意ととってよさそうです。