女性が好きな男性にとる態度【完全版】シチュエーション別に徹底解説!

  • 女性が好きな男性にとる態度《日常編》

    学校生活であったり、会社生活であったり、休日やプライベートな時間よりも多いのは「日常」ですよね。女性は好きな男性と圧倒的に長い時間を一緒に過ごせる日常生活を楽しみにしていたり、自分をアピールする場として活用していたりします。

    というわけで、女性が好きな男性にとる態度≪日常編≫を見ていきましょう。

    会話中は笑顔&声のトーンが高め


    女性は好きな男性の前では笑顔でいることがとても多いです。かわいく見られたいのはもちろんですが、好きな男性が目の前にいるだけで楽しい気持ちになれるということも理由のひとつでしょう。好きな男性とは笑顔で接して、少しでも自分の良い印象を植え付けたいという心理も働くようです。

    また、好きな男性と話すときは声がワントーン高くなります。好きな男性の前で緊張していたり、好きな男性が目の前にいることにテンションが上がっていたり、かわいく見られたかったり…。理由は様々ですが、いずれにせよ”好きだから”そのような態度をとるのです。

    笑顔かつ他の人と話すよりキーがワントーン上がっていたら、自分に好意を持っていると思ってよいでしょう。

    会話するときの距離が近い


    女性は好きでもない相手との距離を縮めようとはしません。好きな男性が相手だからこそ、近くなるのです。気になる女性が自分と話すときの距離感はどうですか?ほかの人と比べて近いなと思ったら、それは”好き”のサインかもしれませんよ。

    一つ注意しておきますと、距離というのはなにも物理的な距離だけではありません。態度や話し方、話す内容など、精神的な距離というものが存在します。こちらで紹介したのは、物理的な距離ではなく、精神的な距離になります。

    たとえば、プライベートな話をしたり、笑いながら楽しく喋ったりなどの態度をみせてくれるのであれば、精神的な距離は近いと言えるでしょう。前の項目でも触れたように、そういった距離感の近さを感じてみてください。

    好きな男性にはボディタッチが多い


    好きな男性にとる態度として一番わかりやすいのは「ボディタッチの多さ」です。女性は興味のない相手にわざわざ触れません。好きな男性にちょっとでも気にしてほしいからボディタッチをするのです。

    ただし、中には何も考えずにボディタッチをして男性を奔走する小悪魔系女子もいますので、「触られたからあの子は俺のことが好きなんだ!」と喜ばずに、他の項目もチェックしてみてくださいね。

    好きな男性には積極的に関わる


    女性は好きな男性が関わるものには積極的に関わる傾向にあります。例えば好きな男性が飲み会の幹事を請け負ったら「私もやる」と立候補してみたり、なにか買い出しがあれば「一緒に行こうよ」と誘ったりなど。

    二人でいられる時間を積極的に増やして自分をアピールすることで、男性の心に入っていきたいのでしょう。二人だけの時間があると、プライベートな質問や恋愛系の質問もしやすくなります。あなたのことを知りたい一心で、会話が途切れないようにと、一生懸命お喋りすることもあるでしょう。

    照れ笑いする


    積極的に行動を共にして自分をアピールしたかと思いきや、好きな男性と会話をしただけで照れて恥ずかしそうに笑うのも一つの特徴です。誰でも好きな人の前では緊張してしまいますよね。女性も、好きな男性の前では緊張して照れ笑いをしてしまうのです。

    また、照れ笑いをされると、思わずドキッとする男性も中にはいるのではないでしょうか?そんな破壊力のある照れ笑いはある意味無意識でする態度なので、計算がありません。だからこそ破壊力があるのかもしれませんね。

    拗ねた態度をとる


    女性は好きな男性の気を引くために、わざと拗ねた態度をとることがあります。拗ねた態度を見せて、「もう!」なんてかわいらしく怒れば男性も悪い気はしませんよね。また、好きでもない男性の気を引きたい女性はいないので、拗ねた態度をとられた際はかなり好感触と言えそうです。

    逆に、好きでもない男性からからかわれたりすると女性は普通に怒ってしまったり、「あぁ、そう…」と流してしまったりするので、男性側が女性をからかう際は、自分への好意があると踏んだときだけにしましょう。