彼女に「エッチしたい」と伝える方法!上手な伝え方のポイントとは?

  • 彼女に「エッチしたい」と伝える方法≪その②≫

    彼女にエッチしたいと伝える方法はまだまだあります!上記の方法で伝えるのが難しいなら、以下のような伝え方を自分なりにアレンジすることも大切です。彼女とエッチするためにも、エッチしたいと伝えられるようになりましょう。

    大胆にキスから始める


    言葉で伝えられないなら、大胆にキスから始めてしまうのも一つの方法です。自分の欲求を彼女にぶつけることで、彼女もあなたに答えようと必死になります。そして雰囲気に流されて、そのままエッチに漕ぎつけることもあるでしょう。

    またなかなかエッチに進まない場合には、キスの合間に「エッチしたい」と伝えることも大切です。ムードができあがっていれば、彼女も思わず頷いてしまいます。女性はムードに弱い部分があるので、そこを利用してみましょう。

    ただしいきなりキスすると怒る女性もいるので、キスしても良い場面か見極めることが大切ですよ。

    「泊っていって」と遠回しに伝える


    例えば、自分の家に彼女が遊びに来たり、ちょっと寄り道で家に寄った場合には、彼女に「泊っていって」と伝えてみましょう。そうすることで、彼女はもしかしてと淡い期待と不安を覚えます。

    彼女に期待と不安でドキドキを味合わせ、そして時がくるまで明確なことは言わないでおきましょう。そして二人のムードが高まったところで、「エッチしたい」と彼女の耳元で囁くと、より成功率はアップします。

    よほどの鈍感な彼女でなければ、泊って行ってと伝えるだけでも概ね理解してくれるでしょう。

    狭い部屋でイチャイチャしてから


    やはりムード作りが大切なので、狭い部屋でイチャイチャしてから伝える方が、より成功率はアップします。そのためカラオケなど、狭くて密着できる部屋で思う存分イチャイチャしてから伝えてみましょう。

    また自室でも良いですが、広い空間の場合には、密着してイチャイチャすることをおすすめします。互いに好きという気持ちが盛り上がってこそ、エッチに繋げることができるでしょう。

    気分が上がり切らないときに伝えてしまうと、彼女は恥ずかしさから断ることも想定されます。そのため彼女の「したい」という気持ちを引き出すべく、思う存分イチャイチャしてから伝えましょう。

    彼女にどうしたいか訊いてみる


    デートの途中や帰り際で、どうしようか悩むことってありますよね。このまま帰っても良いし、どこかに行っても良い。そんな状況を利用して、エッチしたいと伝える方法もあります。

    このときに、彼氏側から彼女に対して「どこに行きたい?」「どうしたい?」など訊いてみましょう。そして彼女が何も言わない、恥ずかしそうにしているなら、「ホテル(または自宅)に行く?」と伝えるのです。

    ホテルやお泊りというワードを聞けば、彼女だって何を望んでいるか理解できるでしょう。直にエッチしたいと伝えることができないなら、彼女に問いかける形で誘ってみることをおすすめします。
  • 彼女に「エッチしたい」と伝える際のポイントとは?

    彼女にエッチしたいと伝えるまではいいものの、その後成功するか失敗するかはその場面ごとで変わってきます。より成功率をあげるためにも、伝える際のポイントを知っておきましょう。以下のようなポイントを押さえておくことで、よりエッチに繋がりやすくなりますよ。

    まずはムードづくりから


    楽しく話しているときに、いきなりエッチしたいなんて言われたら、驚いてしまいますよね。またジョークかと思って、彼女の本気を引き出すことができません。

    彼女にエッチしたいと伝えるときは、ムードづくりが大切です。彼女が思わず「うん」と頷いてしまうような、ロマンチックなムードを作ってから伝えると成功率がアップします。例えば、部屋を暗くしたり、静かに見つめてみたりするのです。

    ムードが出来上がれば、彼女は思わず息をのんで、その先を想像してしまうでしょう。ここまできてしまえば、あとはスマートに誘ってあげるだけですよ。

    彼女に翌日予定がないか確認する


    エッチしたくても、明日が出社だったり、友達と大事な用事があるなど、彼女に予定がある場合にはエッチしたいと伝えるのはやめましょう。次の日に何か予定があると、エッチに集中できませんし、断りたくなります。

    次の予定に支障をきたしたらと怖くなるため、女性の予定も考慮してあげるのが良い彼氏です。デート前に彼女に次の日の予定を聞いておくと、変に不思議がられずに済みますよ。

    彼女の予定がOKなら、ムードを作ってエッチしたいと伝えるのです。ただし予定を聞いてすぐに伝えるのではなく、時間を空けて伝える方がスマートにみえますよ。

    断られても動じない


    せっかく彼女にエッチしたいと伝えても、彼女からNOをもらうことだってあるでしょう。人生はそんなにうまくいかないため、百発百中でOKをもらえるとは限りません。

    しかし断られたからといって、うろたえたり、怒ったりするのはやめましょう。彼女にだってしたくない時はありますし、事情だって考慮してあげるべきです。むしろここで反発するのは、男らしくないとさえいわれかねません。

    断られたとしても、「じゃあ今度しよっか」と大きな器量を見せるのです。感情的になって反発すると、彼女に嫌われかねませんよ。

    彼女の体調も考慮する


    彼女にエッチしたいと伝える時は、彼女の体調も考慮するのができる男です。例えば表面上の様子だけでなく、彼女が月経(生理)期間でないことも把握しておきましょう。「生理が…」なんて伝えるのは、女性としてとても恥ずかしいことです。

    そのため彼氏が事前に把握しておいてくれれば、そうした衝突もなくエッチにつなぐことができますよね。また、風邪や気分が落ち込んでいるときなども月経同様に避けた方が彼女のためでしょう。

    自分のしたいという気持ちだけでなく、彼女のことを気遣うのも彼氏の仕事です。自分の気持ちだけで突っ走ってしまうと失敗するので、必ず彼女の体調が万全なときに誘ってあげましょうね。