女友達をセフレにしてもOK?セフレになる方法・注意点もズバリ解説

身近な女友達がセフレになってくれたらいいと思いませんか?女友達にセフレになってもらう方法はあるのでしょうか。こちらの記事では女友達をセフレにする方法や、セフレに不向きな女友達の特徴、女友達を口説く時の注意点などを詳しく解説していきます。

  • 女友達をセフレにするのはアリ?ナシ?

    寂しい夜に「セフレがいたらいいのになぁ」と妄想する男性は多いのではないでしょうか。身近にいる気心の知れた女友達が、セフレになってくれたら、こんなに都合の良いことはないですよね。

    でも、女友達をセフレにするって、ありなんでしょうか?下手に口説いて友情にヒビが入った、周囲の人も巻き込んでトラブルになった、なんてことにも!?そんなことにならないように、こちらの記事では女友達とセフレになる方法や注意点も解説していきます。

    今まで以上に距離が縮まる


    女友達をセフレにすると、今まで以上に距離が縮まる、ということは当然あります。女友達はもともと「友達」だった相手なので、お互いに人として好きだったはず。そのため、セフレになった場合は、今まで以上に二人の距離は縮まって、さらに仲の良い関係になれるのは間違いありません。

    セフレになってくれる女友達は、ある程度は割り切った関係がOKだということがほとんどですので、ある意味とても楽な関係と言えるでしょう。そのため女友達と身体の関係を持つと、より一層、距離が縮まり仲良くなれます。

    相手選びが重要


    セフレを探す場合は、相手を慎重に選ぶことが大事です。特に相手が女友達で、共通の友人グループがいる場合や、職場や学校などのコミュニティが同じだったら、セフレの関係は作らない方が賢明です。

    もしも2人の関係が周囲にバレたことがきっかけで、気まずい雰囲気のまま別れたりしたら後が大変なのは想像がつきますよね。女性は自分が「セフレ」にされることを好まない傾向にありますので、相手が「遊ばれた!」などと周囲に吹聴したら、男性が悪者にされるのは簡単に想像つくのではないでしょうか。

    女友達をセフレにしたい時は、すぐに本気になってしまうような女友達を選ばないことと、セフレ関係の合意を得た上というのが大前提です。真面目すぎる子や、遊びなれていない子は不向きなので気を付けてくださいね。

    気心が知れているから楽


    気心が知れた女友達とセフレになれたら、楽な一面はあります。友達として接していた頃に、お互いの恋愛観についても包み隠さず話せた仲だったら尚安心です。セフレの関係にも納得してくれていれば、こんなに気楽な相手はいないでしょう。

    セフレとは、いくら身体の関係だけと割り切ったとしても、2人で親密な時間を過ごすことには変わりありません。よく知らない相手だと、身体の相性はいいのにフィーリングが合わない、会話が続かず気まずい、なんてこともあるかもしれません。

    女友達と合意の上でセフレになれたら、フィーリングはバッチリ合うはずなので、その点は気楽でいいですよね。

    勘違いされる場合も


    女友達をセフレにしたら、気心が知れていて楽なのはいいけれど、逆に勘違いされる可能性もでてきます。女性は自分がセフレだということを認めたくはないものなんです。セフレとの自由な関係を満喫していたはずが、いつの間にか、本命の彼女みたいに束縛されるようになった!なんてこともありえる話です。

    女性側からすると「セフレ」=「都合の良い安い女」というイメージでしかありません。そのため最初から「セフレ前提」という形が嫌な女性もたくさんいます。

    だからといって、求めている関係が「セフレ」だということを女友達に隠していると、相手に勘違いされてしまうかも知れません。そんなことにならないためにも、女友達をセフレにする場合は勘違いされないよう、最初から本命の彼女とは区別して付き合う必要があります。