「寸止めオナニー」は気持ちいいけど危険?射精を我慢するリスクとは

  • そもそも「寸止めオナニー」って何?

    オナニーの良いところは、相手がいなくてもセックス並みの快感を味わえるところです。そして、寸止めオナニーは「普通のオナニーよりも気持ちいい!」と感じる人が多いのが特徴です。ここでは、話題の寸止めオナニーについて説明します。

    イク寸前で止める行為


    寸止めオナニーを簡単に説明すると、射精の直前に行為を止めることです。一番おいしいところで行為を止めることに賛否両論はあると思いますが、一度経験してしまうと病みつきになってしまうのが、寸止めオナニーなのです。

    我慢することで快感が増す


    イク寸前で行為を止めてしまうのが寸止めオナニーであることを説明しました。寸止めオナニーのメリットの一つに、「我慢することで快感が増す」ということがあります。これが、セックスよりも気持ちいい!と言われる所以ですね。しかし、普通にセックスをするくらいの時間がかかるので、手軽に済ませるというわけにはいきません。

    男性だけでなく女性でもできる


    オナニーは男性でも女性でも、一人で射精やオーガズムを迎えられる自慰行為です。そしてもちろん、寸止めオナニーの気持ちよさは、女性でも楽しむことができます。女性の快感は徐々に蓄積されながら、オーガズムに達していきます。その分、男性と違って長時間気持ちよさを体感できるわけです。

    このように、女性の方が男性よりも長時間快感を得られるので、寸止めオナニーにハマってしまう女性も多いようですね。

    セックスにも応用できる


    寸止めオナニーは気持ち良さが倍増するのがメリットですが、さらに良い点は、大好きな相手とのセックスにも応用できる点です。いつものセックスに寸止めオナニーのテクニックを加えれば、セックスの快感が倍増します。いつもより刺激のある気持ち良いセックスは、カップルの絆をさらに深めてくれるでしょう。