既婚者なのに告白されたorしたときの心理とは?ベストな断り方も紹介!

  • 既婚者男性必見!告白された時のベストな断り方

    既婚者なのに告白されてしまうと困りますよね。男性ならば女性を傷つけないでスマートに断りたいもの。告白された時のベストな断り方をご紹介します。

    「妻が一番だから」


    既婚者男性が告白されたら「妻が一番だからごめんね」と優しく断りましょう。告白してきてくれた女性についてどうこう言うのではなく、「誰よりも奥さんがいい」ということをアピールすることで、あなたが誠実な人間であることもアピールできます。

    中には「妻が一番だから」と言っても、「じゃあ二番でいいので付き合ってください」という女性もいますが、そういうときは「自分のことを一番に思ってくれる相手じゃないと幸せになれないよ」と諭してあげるといいかもしれません。

    「仕事が優先になってしまうから」


    既婚者男性が告白されたら、「仕事が優先になってしまうから」と仕事を理由に断りましょう。奥さんのことを話すと逆に反抗心が芽生えて、「奥さんを超えてやる」と思わせてしまい諦めてくれないかもしれないので、仕事を理由にするとスマートでしょう。

    「仕事を優先にしてしまってただでさえ家族の時間が少ないのに、さらに誰かとの時間を増やすなんて無理」というのを、やんわりニュアンスで伝えるのが効果的です。

    「不倫はよくないよ」


    既婚者男性が告白されたら、優しく「不倫はよくないよ」と断りましょう。自分が既婚者であることを承知の上で女性は告白しているので、不倫をする気で告白しています。ですので、不倫はよくないことだと諭してあげると、女性も目が覚めるでしょう。

    「面倒なことは嫌いなんだよね」


    何回か断っても諦めない女性には、「面倒なことは嫌いなんだよね」と冷たく言うのが効果的。既婚者が自分が奥さん以外の女性とどうこうなると非常に面倒だし、そういうゴタゴタには一切関わりたくないということをはっきり伝えると、「あぁ無理なんだな」と女性も諦めるでしょう。