元カノへの復縁メールはタイミングと内容が大事!お手本例文11選

  • メール以外の効果的な復縁方法

    復縁メールを送るときの例文をご紹介してきました。しかし、メール自体普段からあまりしなかったり、苦手という方もいるでしょう。そんな方のために、メール以外の効果的な復縁方法と、それぞれのメリットデメリットをご紹介します。

    元カノに直接会って伝える


    メール以外の復縁方法としてまず挙げられるのが、直接会って復縁したい気持ちを伝える方法です。

    直接会って伝える最大のメリットは、こちらがどれだけ復縁したいのか、最も伝わりやすいということです。直接会うと、相手の表情、声のトーンなどで、言葉以上に気持ちが伝わります。口下手でうまく言葉にできなくても、あなたの表情や声、目を見ることであなたの気持ちが本物だと元カノが感じ、復縁が成功するかもしれません。

    デメリットは、直接会うという機会を作るのが少し大変ということです。職場などが一緒で自然に直接会える場合は別ですが、そうでない場合、いきなり直接会いたいと伝えても、うまくいきません。そのため、直接会えるようになるまでは、頑張ってメールなどでコンタクトをとってみましょう。

    電話で伝える


    直接会うのは勇気がいるけど、自分の口で気持ちを伝えたいという方は、電話がおすすめです。メールの文章よりも、あなたの気持ちが伝わりやすくなります。

    また、お互い仕事の時間や休みが合わずになかなか会えないというときも、電話なら直接伝えることができるのもメリットです。

    デメリットは、直接とはいえ表情が見えないということです。復縁を申し出たとき、元カノがどんな表情であなたの気持ちを聞いているのかは見ることはできません。そして、こちらの表情も伝わりません。

    元カノがどんな顔をするのか、表情も見たいという方は、直接会うのがおすすめです。

    元カノとSNSを通じて連絡をとる


    別れてしばらく全く連絡も取らず、最初のメールのいつどんなふうに送ればいいかわからないという方、多いですよね。そんな方は、SNSを通じて連絡をするのがおすすめです。

    もし元カノとSNSで繋がっているなら、「いいね」や「コメント」などをすることから始めて、SNSを通じて距離を縮めていきましょう。いきなりメールが来ると戸惑う女性も多いですが、SNSならメールより気軽に返すことができます。

    デメリットは、メールと同じで、相手の表情などがわからないことです。また、SNSだと気軽に繋がれる一方、気軽に相手を拒否する「ブロック」をすることもできます。やり取り後に元カノにブロックされてしまうと、その先復縁するのはかなり難しいでしょう。