元カノへの復縁メールはタイミングと内容が大事!お手本例文11選

  • 元カノに送る復縁メールで注意すること

    復縁メールを送るときのポイントがわかったら、次は復縁メールで注意することを見ていきましょう。ポイントと注意点を抑えることで、復縁メールの成功率をより高くすることができます。

    十分に距離が縮まってから会いたいと言う


    元カノとメールのやりとりができるようになったら、次のステップは「直接会うこと」と考える方も多いですよね。直接会うことで、2人で一緒にいる楽しさを思い出し、復縁できることもあるでしょう。

    しかし、2人で直接会うことに踏み切る前に、まずはメールで十分に距離を縮めてください。少しメールしたくらいで「会いたい」と伝えても、元カノは引いてしまうかもしれません。他愛無いメールのやりとりを繰り返し、友人と呼べるくらい距離が縮まってから、「久しぶりに会いたいな」と伝えましょう。

    メールでの距離が縮まっていれば、元カノ側も「会ってみようかな」と考えてくれるでしょう。

    長文ではなく軽く短文を意識する


    離れていた時間を埋めたくて、元カノに伝えたいことや話したいこと、たくさんありますよね。しかし、あまりにも長文のメールが男性から来ると、女性は「重い」と感じてしまいます。

    また長文だと、あなたの気持ちに気づいてしまうかもしれません。長文メールを受け取った元カノが、「返事するのめんどくさいな」と感じてしまったら最後です。

    元カノと普段メールのやりとりをするときは、とにかく軽く、そして短文で返すことを意識してください。何気ない話題をテンポ良く、短文でやりとりすることで、元カノもメールの返信がしやすく、あなたとのメールを苦に思わないはずです。

    しつこく送りすぎない


    復縁メールで重要なのは、メールをする「頻度」です。あなたからばかりメールを送ってはいませんか?女性は、男性からのメールを「しつこい」と感じると、メールすることすら嫌になってしまいます。

    そのため、「しつこい」と思われないことが重要です。メールのやりとりの頻度は、元カノに合わせることを意識しましょう。また、元カノからメールが来てもすぐに返事はせず、次の日に返すくらいの気持ちでいるのがおすすめです。

    すると、あなたが日々の生活の合間で何気なく元カノにメールしているんだということが伝わり、あなたが復縁したいという気持ちも匂わせずに済みます。

    たくさんメールをすればいいというわけではありません。メールを送りたい気持ちは我慢して、余裕のある男性を演じてくださいね。

    家にいる時間帯に送る


    しつこく送りすぎないために、メールの頻度は元カノに合わせるということをお伝えしましたが、一体1日の中でいつメールをすればいいのかわからないという方もいますよね。

    元カノにメールを送るのにおすすめなのが、家にいる時間帯です。昼間仕事をしている方なら、仕事から帰ってリラックスしている夜の時間帯がいいでしょう。家でリラックスしている時間なら、元カノもメールの返信がしやすくなります。

    昼間の忙しい時間にメールをしても返事が来ない可能性があったり、元カノがメール自体「めんどくさい」と感じてしまうかもしれないので、注意してください。