元カノへの復縁メールはタイミングと内容が大事!お手本例文11選

  • 元カノに復縁メールを送るタイミングは?

    復縁メールを送る前にすべきことをクリアできたら、実際に復縁メールを送ることを考えましょう。ただ、復縁メールを送るのにもタイミングが重要です。どのようなタイミングで復縁メールを送ればいいのか見ていきましょう。

    冷却期間は3ヶ月前後がベスト


    先ほど冷却期間が必要とお伝えしましたが、実際どのくらいの期間が必要なのか気になるところですよね。

    一般的に冷却期間としてベストなのは3ヶ月前後とされていて、別れて1人の生活にある程度慣れ、感情的ではなく冷静にお互いのことを考えられるのが、この3ヶ月前後と言われています。

    「別れてから3ヶ月経っていないけど、自分の中ではもう冷静になれている」と思っていても、相手はまだ冷静にあなたのことを考えられないかもしれません。早く復縁メールを送りたいという気持ちはグッと堪えて、まずは3ヶ月経つのを待ちましょう。

    そしてこの3ヶ月の間で、冷静になるだけでなく、できる限り自分磨きに励んでください。

    記念日またはイベントの直前を狙う


    いざ復縁メールを送ろうと思っても、なんてメールしたらいいか悩んでしまいますよね。そんな方には、記念日や誕生日など、イベントの直前を狙うのがおすすめです。

    2人の思い出の記念日や誕生日の直前なら、そのことを話題にメールすることができます。また、女性は記念日などの大切な日を覚えてくれていると嬉しいものです。

    メールの中でさりげなく「あれから○年だね、早いね。」や、「もうすぐ誕生日だよね」などと伝えると、「まだ私との記念日(誕生日)覚えてくれていたんだ。」と好印象になります。

    復縁メールを送るタイミングに悩んでいる方は、ぜひイベント前を狙ってみてください。

    何度か何気ない連絡を取った後にする


    久しぶりに元カノにメールをして、いきなり「復縁したい」と伝えても、相手は引いてしまいます。復縁したい気持ちを伝える前に、まずは何度か何気ない連絡を取るようにしましょう。

    最近の近況を聞いたり伝えたり、共通の友人の話をしたり、楽しくメールすることを心がけましょう。そして、あなたとのやりとりを「楽しい」「心地よい」と思わせることが大切です。

    元カノからのメールの返信が素っ気なかったり、2人のやりとりがぎこちないまま復縁したいことを伝えても、あまりうまくいきません。まずは、普通に連絡がとれる仲に戻ることを意識してください。

    相手が恋人と別れたとき


    共通の友人やSNSを通じて、元カノが恋人と別れたことを知ったなら、そのタイミングでメールを送ってみましょう。

    いきなり復縁の話を持ちかけるのではなく、まずは恋人と別れて傷ついている元カノの話を真摯に聞いてあげてください。あなたが話を聞いてあげることで、「やっぱりこの人は私のことわかってくれてるんだな」と、あなたのことを意識し始めるかもしれません。

    元カノが恋人と別れた話を聞いてあげて、そのまま懐かしい雰囲気になれば、復縁したい気持ちを伝えるベストタイミングです。

    ただ、元カノが恋人と別れて間もなく、「まだ他の男の人と話せる余裕なんてない」というタイプだった場合は、少し時間を置いてくださいね。