アベックって何?もはや死語?意味や語源・カップルとの違いも解説!

アベックという言葉を聞いた事はありますか?「カップル」と似たような使い方をするアベックという言葉ですが、一体カップルとの違いは何なのでしょうか?

本記事では、いまや死語とも言われる「アベック」という言葉について、カップルとの違いや、そもそもアベックの意味とは何なのかなどを、詳しく解説していきます。

  • アベックは死語?知らないという人も

    「アベック」という言葉を聞いた事がある人はどの程度いるでしょうか?

    実際にその言葉を聞いた事があるという人や、よく使っているという人も中にはいるかもしれませんが、特に若い人にとってはほとんど聞いたことがない言葉なのでは?

    あまりにも聞き馴染みの無い言葉ゆえに、「もしかして最近流行りつつある言葉なの!?」なんて思う人もいるかもしれませんね。

    この「アベック」という言葉は、最近流行しつつある言葉ではなく、その昔流行っていた言葉なんです。

    全く聞き覚えが無い理由は、「その昔」と言ってもちょっとやそっとの昔ではなく、昔過ぎて耳にしたことすらないほどの「その昔」だからです。

    では、アベックとは一体どういう意味なのか、さっそく解説していきましょう。
  • アベックの意味って?

    カップル


    アベックというのは、現代で言うところの「カップル」とほとんど同じ意味です。

    アベックという言葉が流行る以前には、カップルという言葉が今と同じように使われていましたが、突如「アベック」というハイカラな言葉が登場し、若者を中心にカップルの事をアベックと称することが流行となりました。

    ちなみにハイカラというのは「西洋風」などの意味で、この言葉も死語です。

    男女の二人組


    恋人同士だけではなく、ただの男女の二人組に対しても「アベック」という言葉が用いられる事があります。この点では、カップルとは微妙に使われ方が異なると言っていいでしょう。

    ですが、兄妹や姉弟、母と息子、父と娘などの二人組には、基本的にはアベックという言葉を使いません。この点では、現代で言うカップルとほとんど意味合いは同じである事が分かりますね。

    行動を共にする二人


    「アベック」と「カップル」の意味合いが大きく異なるシーンがあります。それは、スポーツの世界です。

    スポーツの世界で使われる場合、アベックは「恋人同士」という意味ではなく、「男女の二人組」という意味ですらないこともあります。また、現代でも死語にならずに頻繁に使用されています。

    たとえば、一つの競技で男性チームと女性チームの両チームが優勝した際に、「アベック優勝」などと表現する際に使用されます。

    また、野球界では、一つの試合で同チームの二人が揃ってホームランを打つ事を「アベックホームラン」と表現されることがあります。