共依存恋愛の克服方法とは?依存カップルの特徴と上手な別れ方

「共依存恋愛」について、あなたはどれくらい理解していますか?お互いに依存するほど愛し合うなんて憧れる!という人も、自分達は共依存になってないかな…と不安を持っている人もいるでしょう。今回は、共依存恋愛に陥りがちな人の特徴や、共依存恋愛のリスク、共依存恋愛を克服する方法などを紹介します。「共依存カップルチェックリスト」もありますので、ぜひ目を通してみてください。

  • 「共依存恋愛」になっていませんか?

    「依存体質」という言葉を聞いたことはありますか?最初は相手のことを好きになって恋愛していくのですが、段々と様子がおかしくなっていき、最終的にはどっぷりと相手に依存してしまう人のことを、「あの人は依存体質だ」なんて言うことがありますよね。

    依存された相手は、たいていの場合「重たい」「ついていけない」などと感じて、恋愛とは違うイビツな感情にひいてしまうものです。

    しかし、相手がひいてしまうことなく同じように依存してしまうと、更にイビツな関係性である「共依存恋愛」となってしまう危険性があります。

    共依存恋愛の関係に陥ると、一般的な恋愛とは大きく逸脱した関係になってしまいます。そして、アリ地獄のようにどんどんと泥沼へとハマッていってしまいます。

    「共依存」の意味とは?


    「共依存」という言葉を見る限り、「お互いに依存し合っていること」と思ってしまう人が多いでしょう。確かに半分は正解とも言えますが、半分は不正解です。

    共依存になってしまうと、単に相手に依存するだけではなく、相手との関係性や相手に依存されている自分、相手に対してしている行動など、どんどん依存対象が広がっていきます。

    また、恋人だけではなく、友人同士、介護者と被介護者など、さまざまな間柄で共依存となってしまう可能性があります。

    共依存恋愛の種類について


    共依存恋愛には、そのカップルごとにいろいろな形があり、一概に「共依存恋愛とはコレだ!」という説明はすることができません。

    ですから本記事では、問題のある男性を女性が援助することで成立するケースをメインに、共依存恋愛について解説していきたいと思います。このケースは共依存恋愛で多く見られるパターンです。

    もちろん、女性に問題があって男性が援助するというケースもあれば、どちらにも問題があったり、問題が無いといったケースもあります。