実は「側位」が超気持ちいい!女性が喜ぶセックステクニックとは?

男も女も超気持ちいい!「側位」は、実はメリットがいっぱい。スローセックス的な体位である側位は、男にとって楽ちんなのに女はジワジワ快感に襲われるもの。この記事では、女性が側位でもっと喜ぶセックステクニックを多数ご紹介します!

  • 最高に気持ちいい体位「側位」試したことある?

    「ヤバいほど気持ちいい」「楽なのにジワジワくる!」と男女ともにハマってしまう体位に「側位」があります。これ、やったことありますか?「AVではよく見るけど」と思いつつも、試したことがないカップルの方が圧倒的に多いのが現状です。

    側位はすごくシンプルで簡単な体位なので、「そんなややこしいのはムリ」とは誰も思わないはず。四十八手みたいな変態性もないので、彼女にもすんなり受け入れてもらえるのも側位の良いところ!やってみたいけど実際どうなの?と思う人のために、側位のあれこれを詳しく説明していきます。

    そもそも側位って?


    「側位(そくい)」とは、横たわった状態で後ろから挿入する体位のこと。「横バック」と読んだり、四十八手で言う「窓の月」のことでもあり、窓の月でも見ながら気持ちよくなろうか…という何ともロマンチックな体位なんです。

    ベッドでゴロゴロ横になりながら、男性が後ろから抱きしめる形になり密着度が高いのでラブラブカップルにぴったり。何よりも、お互い楽なスタイルのまま挿入できるのが側位の良さです。

    側位が気持ちいい理由って?


    「横になりながら挿入…それって気持ちいい?」と率直に感じると思いますが、側位は入れてみるとちょうど気持ちいいスポットに当たるのと、ピストン運動しないからこそ男性器をダイレクトに感じられます。

    これに加えて、密着度が高い、お互いイキ顔が見られないといった条件が揃うのも側位の魅力。男性側的にも中がギュッと締め付けられるので「超気持ちいい!」と感じられるんです。

    「側位」は長時間セックスにおすすめ!


    ほかの体位と違って、側位はジッと動かなくても気持ちいいのがポイント。ジワジワと快感が続くことからスローセックスにも向いている体位です。中高年のセックスにも向いていて、まったりしている時もつながっていたい…と思うカップルにも最適!