すぐに怒鳴る人の心理や特徴とは?場面別の対処法・克服方法も紹介!

怒鳴る人に振り回されて疲れているというあなた。怒鳴る人の対処法や、怒鳴られる恐怖の克服法を知りたくありませんか?この記事では、怒鳴る人の特徴・心理とともに、怒鳴る人と上手に付き合う方法を紹介します。上司や家族に怒鳴られて悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

  • すぐ怒鳴る人の特徴6選

    なにかとすぐ怒鳴る人に悩まされていませんか?職場や家族に怒鳴る人がいる場合は無視もできず、苦しいですよね。せめて自分が傷つかないように、適切に対処していきたいものです。

    そこで今回は、怒鳴る人の特徴・心理・対処法や、怒鳴られる恐怖の克服法をご紹介します。まずは、怒鳴る人に共通する6つの特徴を見ていきましょう。

    プライドが高い


    「勤務先に新しく配属された店長が、新人によく怒鳴る。他店舗で大きな成果を出していたとかで、プライドが高いみたい。店長のせいで新人がどんどん辞めていくのに、店長本人は自分の非を認めないから、お店が常に人手不足の状態で困ってますよ」(24歳/男性/接客業)

    すぐに怒鳴る人の特徴としてまず挙げられるのが、プライドが高いことです。「自分は正しい」という気持ちが強いので、自己反省をしたり周囲を気遣ったりすることができません。そのため、平気で人を怒鳴りつけるのです。完璧主義で人のミスを許せない一面も。

    自己中心的


    「今まで何度か怒鳴る人に出会いましたけど、みんな自己中だなって印象ですね。気に入らないことがあると、怒鳴って当たり散らす。子供っぽいなって思ってました」(26歳/男性/製造業)

    自己中心的というのも、すぐ怒鳴る人の特徴です。すべてが自分の思い通りにならないと気がすまないうえ、短気なのですぐに癇癪を起こします。自分の感情をコントロールすることができず、周囲には子供っぽくわがままな印象を持たれます。

    自分を強く見せようとする


    「怒鳴る人って一見強そうに見えるけど、本当のところは結構弱気だよね。自信がないから、怒鳴って自分を強く見せようとしてるだけっていうか。実際、強く反論されると、言い返せない人が多いし」(30歳/男性/営業職)

    「格下に見られたくない」という思いから、人を怒鳴りつけたり威圧的な態度をとったりして、自分を強く見せようすることもあります。それによって自分の自己肯定感の低さをカバーし、安心しようとしているのです。

    根本的には気弱なため、はたから見れば虚勢を張っているようにしか見えません。

    「怒鳴る=悪いこと」という認識がない


    「部下が怒鳴りながら新人指導をするので、注意したことがあるんです。しかし、本人は怒鳴ること自体が悪いとは認識していない様子でした。新人に対して怒鳴る以外は優秀な部下なので、そこで損をするのはもったいないなと思います」(40歳/男性/管理職)

    新人の頃に怒鳴られてきた人や怒鳴る親の元で育った人の中には、怒鳴ることに罪悪感を持てない人がいます。常に怒鳴られる環境に身を置いていたために、怒鳴る以外の方法を知らないのです。

    本人はただのアドバイスや注意しているつもりでも、周りの人からは怒鳴っているようにしか見えないため、「問題のある人」「怖い人」と勘違いされやすくなります。

    人を見下している


    「人を見下している人に多いイメージです。そうじゃなければ、怒鳴るなんてひどいことできませんよね。以前の職場の上司にすぐ怒鳴る人がいましたが、自分は駒としてしか見られてないんだなーって憂鬱でした」(28歳/男性/フリーランス)

    人を見下しているのも、怒鳴る人の特徴のひとつです。自分が一番偉く、周りの人間は格下だと思っていて、人を駒のように扱います。自分が敵わないと判断した相手には怒鳴らないなど打算的な一面も持っているので、部下だけでなく同僚からもあまり信用されません。

    疲れている


    「尊敬する先輩がいたんですけど、昇進して管理職に就いた途端、よく怒鳴る人になってしまいました。あの頃の優しい先輩はどこへやら…。

    小耳に挟んだ話、業務が多忙なうえ上司と部下のあいだに挟まれて、だいぶ疲れているみたいで心配です。人って精神的に参ると、こんなにも変わってしまうんですね」(33歳/男性/製造業)

    業務が多忙だったり、上司と部下に挟まれたりして精神的・肉体的に疲れているときは、誰しも心に余裕がなくなるもの。すぐ怒鳴る人も例外ではないです。

    あなたの職場に、前までは優しかったのに突然キレるようになった人がいるなら、もしかしたら何かしらの理由で疲れていて、余裕がないのかもしれません。
  • なぜ怒鳴る?怒鳴る人の心理

    特徴に続いて、すぐ怒鳴る人の心理を見てみましょう。怒鳴る人のふるまいは、一見理解しがたいもの。その背景には、どのような心理が隠れているのでしょうか?

    情緒が安定していない


    すぐ怒鳴る人に共通しているのが「情緒が安定していない」という心理です。常に自分のことで精一杯である人が多く、心に余裕がありません。

    そのため、人を気遣いながら指示や注意を行うことができずに「怒鳴る」という行為に出てしまいます。自分に余裕があるときには人が変わったように優しくなるのも、特徴の一つです。

    自信がない


    「怒鳴る人の特徴」でも触れたように、怒鳴る人は基本的に、自分に自信がありません。自己肯定感が低く、他者からキツイことを言われるのを恐れるために、「自分が言われる前に言ってやろう」という防御的な心理が働くのです。

    激しく反論されると萎縮するのも特徴です。反論してきた人に媚びを売るようになることも、珍しくありません。

    強い人に憧れている


    自信のなさゆえに、いつも堂々としている「強い人」に憧れている一面もあります。決して「怒鳴ることや威圧的な態度をとること=強い」ではないのですが、怒鳴る人にとってはそれが、手っ取り早く強くなった気になれる手段なのです。

    この心理に陥ってしまった怒鳴る人の多くは、過ちに気づけないまま周囲にあたり散らし、信頼を失って孤立していきます。なかには途中で勘違いに気づき、己の振る舞いを改める人もいますが、ごく少数でしょう。

    人に甘えている


    社会人として仕事をする以上、ある程度の感情は自分でコントロールすることを求められます。実際多くの人は、悔しいことや気に入らないことがあっても、その場で泣いたり怒鳴ったりはしませんよね?

    「気に入らないから」「むかつくから」とすぐ怒鳴る人のように、社会人でありながら業務に不要な感情を露骨に表に出すのは、心理的に「このくらいなら許されるだろう」と周囲に甘えている証拠です。

    支配欲が強い


    怒鳴る人の心理には「支配欲」も関係しています。人を怖がらせて支配することで、自尊心を満たしているのです。そのため、常に誰かを支配していなければ落ち着かず、怒鳴ることをやめられません。