【難易度別】男性からエッチ・セックスの誘い方(やんわり編、ストレート編、テクニック編)

「あのコと今日こそは結ばれたい!」と意気込んでデートに臨んだはいいものの、どのように誘えばエッチに応じてもらえるかわからないと、悩んだ経験のある男性も多いのではないでしょうか。

そこで今回は【やんわり編】、【ストレート編】、【テクニック編】と分けて、飲みデートやゴハンデートの終盤で、どのように誘えば意中の女性と一夜を共にできるかを紹介していきます。

  • 【やんわり編】相手の女性に察してもらうエッチの誘い方

    大人同士であれば、オブラートに包んだセリフでも女性側が察してくれる可能性が高いため、やや奥手なタイプの男性やエッチ経験が多くない男性向けなのが、この【やんわり編】で紹介する誘い方かもしれません。

    この【やんわり編】では、『女子SPA!』をはじめとしたさまざまなメディアで恋愛コラムを執筆し、「恋愛コラムニスト」兼「恋愛カウンセラー」の堺屋大地さんに解説していただきます。

    やんわりエッチ・セックスの誘い方(1)/「今日はもう少し一緒にいたいな」



    「ゴハンや飲みで2軒ぐらいまわってから、『今日はもう少し一緒にいたいな』のセリフを言いましょう。ポイントは女性側の終電が近づいている時間帯に言うこと。『もう少し』と言えど、最終の電車の迫っている時点であれば、察しのいい女性は『朝まで一緒にいたいということ』だと気付いてくれると思います」(堺屋氏)

    この方法のメリットやコツはどのようなものなのでしょうか?

    「【やんわり編】共通のメリットとも言えますが、比較的に下心を匂わせないで誘うことができる点でしょう。あからさまにエッチ目的だという雰囲気が出ないため、例え女性が『明日も早いし今日はもう帰ろうかな』と断ってきても、気まずい空気にはなりにくいはず。断られてしまったら、終電が近づいていることに今気づいたようなフリをして、『あ、もうこんな時間か。そうだね、今日は帰ろう』と返せば大丈夫です」(堺屋氏)

    しかし、女性側が「うん、いいよ」と言ってくれても、奥手な男性や経験の少ない男性の場合、その後どのように進めていけばいいかわからないかも……。

    「女性が『いいよ』と言ってくれたら、すぐに手を繋ぎましょう。この段階で、手繋ぎを拒否される可能性は低いですから、臆さずに手を繋いでください。そして、『じゃあ、まったりできるところに行こうか』と提案して、近くのホテルか自宅に歩いていきましょう。ですので、ホテルか自宅に連れていくことから逆算して、2軒目のお店はホテルか自宅が近いエリアにしておくのがコツかもしれません。このタイミングで女性を長い時間歩かせるのは得策ではないため、5分以内で到着できるようにしておくのがいいのではないでしょうか」(堺屋氏)

    やんわりエッチ・セックスの誘い方(2)/「ウチにお土産でもらったお酒があるから一緒にあけよう」



    「飲みデート中に、そのお店をもうそろそろ出ようかというタイミングで、『ウチにお土産でもらったお酒があるから一緒にあけよう』と伝えれば、自然な流れで自宅に連れていくことができるでしょう。『自宅+お酒』というシチュエーションを提案すれば、大人の女性ならばエッチする展開になることは察してくれると思います。例えば、『地元の○○県で幻の銘柄って言われてる日本酒をもらったんだ』とか、『フランス旅行に行ってきた友達が買ってきてくれたレアなワインなんだ』といった『プレミア感』があるお酒だと、なおよしです」(堺屋氏)

    確かに、お土産でもらったお酒に「プレミア感」があれば、女性側に「そのお酒を飲んでみたいから自宅についていく」というエクスキューズ(口実)を与えられそうです。

    「ですからこの誘い方を使いたい場合は、親や友達にお土産を頼むときはお酒を指定しておいて、自宅に『プレミア感』のあるお酒を各種取り揃えておくといいでしょう。飲みデート中にその相手の女性が日本酒好きなのか、焼酎好きなのか、ビール好きなのか、ワイン好きなのかをリサーチしておいて、その子が好きなジャンルのお酒で誘うと成功率が上がると思います。だからどのパターンでも対応できるように、ストックしておくのがコツかもしれませんね。ちなみに、お土産で高価なお酒をおねだりするのは気が引けるという場合は、その代金を渡しておいて買ってきてもらうようにするといいのではないでしょうか」(堺屋氏)

    もし断られてしまったときは、どのように振舞うのがスマートなのでしょうか?

    「しつこく粘るのは大人の男として恥ずかしいですから、『じゃあ、そのお酒はあけずにとっておくね。また何かの機会があったらぜひ』と潔く引くのが得策です。もしかすると、相手の女性は明日の仕事が早いとか、体調がすぐれないといった理由で断っていることもあるでしょうからね。もし、その女性と次のデートをセッティングできた場合は、さりげなくそのお酒の話をもう一度してみてください。そこで『こないだ言ってたやつだよね? 飲んでみたいな』といったリアクションであれば、もう一度、『じゃあ、これからウチでそのお酒を一緒にあけよう』とリトライしてみてもいいのではないでしょうか」(堺屋氏)

    やんわりエッチ・セックスの誘い方(3)/「どこかで映画でも観ながらまったりしようよ」



    「『お土産でもらったお酒』は飲むのがあまり好きじゃない女性には使えませんので、その場合はこの『どこかで映画でも観ながらまったりしようよ』がおすすめです。自宅に誘ってDVD・ブルーレイや動画配信サービスで観るという流れでもいいですし、最近はラブホテルでも映画チャンネルやDVD貸し出しで、映画が観られるところが増えていますので、どちらのパターンでも対応可能です。映画を観られる環境がないホテルもありますが、タブレットPCなどを持参しておけば、自分が契約している動画配信サービスで観られるので問題ないでしょう」(堺屋氏)

    お酒と同様に、映画というエクスキューズがあると女性も誘いに応じやすそうです。そのセリフを言うためのコツは?

    「デート中に『好きな映画トーク』をしておくと、『どこかで映画でも観ながらまったりしようよ』と切り出しても唐突感はなくなるでしょう。また、その『好きな映画トーク』の流れを受けて、作品名を具体的に提案したほうが成功率は上がるかもしれません。例えば、『あの監督の最新作だった○○○○は、劇場公開中に観そびれちゃったんだけど、もう配信開始してるから観ようよ』とか、『エピソード9の公開前に、エピソード7と8を一緒に復習しておこうよ』のような感じですね」(堺屋氏)

    堺屋さんいわく、「まったり」というフレーズを言っておくのもポイントだそうです。

    「『まったり映画を観る』と聞くと、女性側もソファやベッドなどに腰かけて密着しながら映画を観るシチュエーションを思い浮かべやすいので、暗黙の了解でエッチを了承してくれる可能性が高いでしょう」(堺屋氏)

    ただし、【やんわり編】で紹介した3つの方法には、共通する注意点が……。

    「自宅やホテルで二人きりになれたからといって、確実にエッチOKというわけではないということは覚えておきたいところです。オブラートに包んだセリフは、察しのいい女性ならば『エッチしたい』という意思表示であることに気付いてくれますが、その意図に気付かない女性もいます。特にホテルではなく自宅に連れて行った場合は、『エッチするつもりなんてなかった』という女性も少なくないでしょう。ですから女性が拒否したり、不安そうな表情を見せたりした場合は、強引にエッチする展開に持ち込むことはせず、その日は紳士的に潔くあきらめましょう」(堺屋氏)