「結婚を諦めた男たち」その理由とは?独身男性に聞いたリアルな本音

もう自分は結婚はいいや…諦めた!という男性は現在たくさん存在しているようです。では何が理由で結婚を諦めるという結論に至ったのでしょうか?そこには納得の意見がありました。それぞれの体験談を聞き、結婚を諦めた本音を覗き見してみましょう。

  • 独身男性が結婚を諦めた理由

    近年、結婚をしない男性が増えています。そこには「諦め」という心理が隠れています。結婚に意欲的な男性は、あらゆる方法で結婚相手を見つけるべく日々奮闘するのですが、諦めてしまった男性はジタバタしません。

    ではどうしてそのようなことになってしまうのでしょうか。今回はそんな結婚を諦めた男たちのリアルな本音に耳を傾けてみましょう。

    年齢的にもう限界…


    「自分もう30過ぎちゃいました。職場の同期はほとんど結婚しちゃったから、完全に出遅れ組。今からじゃこんなオジサン誰も相手にしてくれないでしょ。ほとんど諦めてますよ。」(32歳・男性)

    自分はもう結婚の適齢期を過ぎてしまったと勝手な思い込みをしてしまう男性がいます。一般的には20歳代でパートナーがいて、30歳までには結婚を考えるというのがパターンのように世間ではいわれます。ですがそのタイミングが過ぎ去り、30歳を過ぎた時点でパートナーがいない場合、もう遅い・結婚は無理と諦めてしまいます。

    経済的に家庭を持つ余裕がない


    「彼女っぽい人はいるんです。でも、オレまだフリーターなんですよね。だから結婚なんて無理無理!したい気持ちはない訳じゃないですけど、お金がないから家族養えないでしょ。」(27歳・男性)

    きちんとした職についていない場合、この男性のように経済的理由が原因で結婚を諦めてしまう男性は多いでしょう。

    女性への理想が高すぎる


    「ボク、結婚するなら料理が出来る人で、見ため可愛い系でちょっと年下がいいんです。あと、口うるさくない人がいいかな~。なんて…理想高すぎます?」(25歳・男性)

    結婚相手に求める条件が多い、または高い男性はなかなか良い相手に巡り合えないかもしれません。自分が思うすべての条件を満たしていないと結婚相手として認めないので、最終的には諦めるという結末になりがちです。

    男として一人の女性と一生やっていく自信がない


    「結婚て一生一人の女と暮らすもんでしょ。理解はしてるけど、自分に果たして出来るかどうか…途中で離婚ってことになりそうな予感なんですよ。それなら最初から結婚なんてしない方がいいのでは?」(29歳・男性)

    この男性は結婚生活を送る自信がないようです。独身男性にこのような話をする男性はたくさんいますが、そこにはいくつもの理由が存在します。それについて、この後の項目を見てみましょう。