「仕事が遅いのが悩み…」仕事が遅い人の特徴と原因・スピードUP法!

  • 仕事が遅い人への対処法

    最後に、仕事が遅い人への対処法を4つお伝えします。スキル自体に問題のない部下や同僚であれば、以下の方法を実践するだけである程度のスピードアップが望めるでしょう。仕事が遅い部下や同僚に悩んでいる上司の皆さんは、ぜひチェックしてみてください。

    進捗をこまめに共有する


    仕事が遅い部下・同僚とは、進歩状況をこまめに共有しましょう。自分から「こないだ頼んでおいた資料だけど、どのくらい進んだ?」と聞くのもいいですし、「一段落ついたら報告が欲しい」と伝えておくのもいいです。

    進歩状況をこまめに共有することで、頼んだのに終わってない!とイライラするのを防げます。

    積極的に話しかける


    報連相ができないタイプの部下・同僚には、積極的に話しかけてあげるのが効果的。人見知りや気を使いすぎてしまう性格が原因のことも多いので、コミュニケーション不足を解消する必要があります。

    毎日自分から挨拶するよう心がけ、休憩時間などには「最近どう?」と話しかけてあげるようにしてください。相手がミスをしたときは、萎縮してしまうのを避けるためにも必要以上に責めず、「一緒に対処法を考えよう」と提案してあげるのがおすすめです。

    作業ごとに細かい期限を設ける


    作業ごとに細かい期限を設けることも有効です。仕事の遅い同僚・部下にすべてを任せっぱなしにするのではなく、「ここまでを今日の◯時までに仕上げて報告して」と伝えて進歩を管理しましょう。

    実践してもらえば、自然に報連相ができるようになるので、納期に間に合わない・仕事のやり方が違うなどの問題を未然に防げます。

    仕事の優先度を説明する


    求められている質がわからないために完璧主義思考になってしまう同僚・部下もいます。その場合は、あなたが仕事の優先順位を指示してあげましょう。

    「この仕事は質よりもスピードを重視してほしい」「こっちの仕事は重要だから時間がかかっても大丈夫」などと伝えてあげるだけで、仕事のスピードが変わります。元々が真面目すぎる性格のため、少し手を抜いたくらいでは質も落ちません。

    万が一、あまりにも仕事が雑になってしまった場合には、その都度説明してあげてください。

仕事が遅いからといって、やみくもに「早く終わらせよう!」と頑張っても上手くいきません。それよりも、仕事のやり方・性格・コミュニケーションのどこに問題があるのかを考え、改善していくことが大切です。

今回ご紹介した「スピードを上げる方法」を実践すれば、仕事が遅いのを改善できます。生産性の高い仕事ぶりを見せれば、周りからの評価も変わること間違いなしです。ぜひ、明日から試してみてくださいね!
Photo:All images by iStock