「仕事が遅いのが悩み…」仕事が遅い人の特徴と原因・スピードUP法!

  • 仕事のスピードを上げる方法【気持ち編】

    仕事術や対人関係に続いて重要なのが「気持ち」です。どんなに優秀な人でも、気持ちを仕事モードに切り替えることができなければ作業がはかどりません。仕事に集中するコツ、頑張りすぎて疲れないためのコツをご紹介します。

    ひとつの仕事に集中する


    仕事が立て込んでいるときは、ひとつのタスクに集中するのがモチベーションを保つコツです。複数のタスクを同時進行するとどの仕事にも集中できず、かえって作業スピードが落ちてやる気を削がれてしまいます。

    すべての仕事が中途半端になるためミスが出やすく、自己嫌悪する原因にも。早く終わらせたいときこそ、シングルタスクに専念するのが一番です。

    「たまには手を抜いてもいいや」と考える


    真面目な性格の人ほど仕事に手が抜けず、常に100%の力で頑張ろうとしがち。人から「真面目すぎる」「仕事が丁寧すぎる」と言われた経験がある人は、少し手を抜くことを覚えましょう。

    質の高いができても、必要以上に時間がかかっていたのでは意味がありません。仕事が遅いと言われるのはもちろん、頑張りすぎて疲れてしまう原因にもなります。手を抜けるところでは抜く、頑張るところは頑張ると意識することが大切です。メリハリをつけていきましょう!

    しっかり気分転換する


    ただ頑張るだけでは仕事のモチベーションは保てません。いい仕事をするためには、適度なリフレッシュが必要です。旅行に行く、好きなものを買うなどして、定期的に自分にご褒美を与えてあげましょう。

    休みなく働こうとするのもNGです。仕事ができる人ほど、休むべきときにきちんと休めているもの。睡眠不足や栄養不足は、作業効率を大幅に下げることに繋がります。毎日の睡眠と食事はしっかり取りましょう。