「仕事が遅いのが悩み…」仕事が遅い人の特徴と原因・スピードUP法!

  • 仕事のスピードを上げる方法【対人関係編】

    続いては「仕事のスピードを上げる方法【対人関係編】」です。コミュニケーションのとり方を改善するだけで仕事が劇的に早くなることもあります。ぜひチェックして、実践してみてくださいね。

    迷ったら悩まず相談する


    どうすればいいかわからない、仕事のやり方がわからないと悩んだら、まずは上司に相談しましょう。一人で悩んでいても無駄な時間を消費してしまうだけです。たしかに少し勇気がいりますが、質問や相談をするのは普通のことで、何もおかしくありません。

    それよりも、「一人で悩みすぎて仕事が終わらなかった」「自己判断したせいで、大きなミスに繋がる原因を作ってしまった」となる方が問題です。報連相を徹底し、信頼を損ねない体制を作りましょう!

    人の機嫌や視線を気にしすぎない


    人の顔色を必要以上にうかがうのはやめましょう。「自分は仕事が遅い」と自覚している人や「遅いと思われていないか不安」と悩みがちな人こそ、あえて気にしない努力をすること。なぜなら、必ずしもあなたが悪いわけではないからです。

    たまたま相手の機嫌が悪く、八つ当たりされただけかも知れません。嫌な態度をとってくる相手にも問題はあるのです。仮にあなたの仕事が遅いのが原因だとしても、言い方は他にいくらでもあるはず。他人の気持ちに配慮できない人のことを気にする必要はありません。

    断るべきときには断り、頼るべきときには頼る


    今は手一杯だなと感じたら、仕事を断る勇気を持ちましょう。初めから「やりたくありません」「できません」と断るのはNGですが、なぜできないのか・いつからなら対応できるかをきちんと説明すれば、上司も理解してくれます。

    仕事ですから、協調性を持つことは必要です。しかし、助け合うこととなんでもかんでも引き受けることは違います。都合のいい人にならないためにも、断るべきときにはしっかりと断りましょう。