「仕事が遅いのが悩み…」仕事が遅い人の特徴と原因・スピードUP法!

  • 仕事のスピードを上げる方法【仕事術編】

    仕事が早い人と遅い人の違いを確認できたところで、具体的なスピードアップの方法を見ていきましょう。この方法を実践すれば、仕事が遅いと言われなくなるはず!仕事編術編・対人関係編・気持ち編の3つに分けて、それぞれご紹介します。

    一つ目は「仕事のスピードを上げる方法【仕事術編】」。効率よく仕事を進めるコツにはどのようなものがあるのでしょうか?

    優先順位を意識する


    仕事を任されたら、まず優先順位を意識した計画を立てましょう。頭で考えているだけだと混乱してしまうので、手帳やTODOリストを使って、重要度・納期・仕事内容などを書き出すのがおすすめです。

    優先順位をつける上で重視したいのは、あなたが万が一その仕事を完了できなかったとき、会社の評判を落とすことに繋がったり、チームに迷惑をかけたりするかどうか。取引先との信頼に関わる仕事・絶対にミスをできない仕事などは、最優先すべきものと言えます。

    余裕を持った計画を立てれば、納期間近になって「あれができてない」「修正が間に合わない」と慌てることもありませんし、ミスを防ぐためのチェック時間を十分に確保することも可能です。

    作業ごとの制限時間を設ける


    ついついだらけてしまって、「もっと集中できれば早く終わるのに…」と後悔した経験、あなたにもありませんか?時間は有限です。やる気が起きないから、やりたくないからとダラダラと仕事をしていたのでは、その分無駄な時間ばかり消費してしまいます。

    そのようなサボりぐせは、仕事に制限時間を設けることで解決できます。人は時間に余裕があると、やるべきことを後回しにしたくなったり、別のことを始めてしまったりするもの。自分で制限時間を決めることで、仕事への集中力を高めることができますよ。

    デスクの整理整頓・テンプレート作りをする


    デスクやPCファイルの整理整頓は定期的に行いましょう。毎日きれいにしておけるのが一番ですが、仕事が多忙で難しい場合は整理整頓の日を決めておくなどして実行します。整理整頓ができると、それだけで気持ちがスッキリして作業効率が上がりますよ。

    メールの定型文や資料作成で使う表のテンプレートを作成しておくなど、効率的に作業しやすい環境を作っておくことも大切です。「今後の仕事にも使えそうだな」と感じたデータや資料は、わかりやすい場所に保管しておきましょう。