「仕事が遅いのが悩み…」仕事が遅い人の特徴と原因・スピードUP法!

  • 仕事が遅い人の特徴と原因【仕事術編】

    仕事が遅い人の特徴・原因には、大きく分けて「仕事のやり方や作業環境によるもの」「性格によるもの」「対人関係によるもの」の3つがあります。それぞれご紹介しますので、あなたがどのタイプに当てはまるのか確認してみてください。

    まずは、「仕事が遅い人の特徴・原因【仕事術編】」を見ていきましょう。「もっと効率を考えながら作業して」と指摘されやすい人は、仕事術や作業環境に問題がある可能性が高いです。具体的な特徴・原因を4つご紹介します。

    ゴールまでの道筋が見えていない


    仕事が遅い人の特徴であり、根本的な原因とも言えるのが、「ゴールまでの道筋が見えていないこと」です。

    仕事のゴール(目的)が理解できていない人は、ゴールまでの道筋(計画)を立てることができません。行き当たりばったりで仕事を進めた結果、効率的に作業ができず無駄な時間を消費したり、納期ギリギリになって「あれができてない」と焦ったりすることに繋がるのです。

    本来であればパパッと終わるはずの仕事にも時間をかけてしまうため、周囲からは「要領が悪い人」「計画的に仕事ができない人」のレッテルを貼られてしまいます。

    作業効率を高めるための工夫ができない


    作業効率を高めるための工夫や応用ができないのも、仕事が遅い人の特徴です。「似た仕事の資料を参考にする」「テンプレートを作っておく」などの工夫ができず、すべての仕事を1から始めようとするため、大幅に時間をロスしてしまいます。

    原因は、何事にも手を抜けない几帳面な性格にあることも。本人が「いつも丁寧に仕事をしているのに、遅いと言われるだけで評価されない」と思い悩んでしまうことも少なくありません。

    上司の指示を鵜呑みにしている


    上司から指示されたとおりに仕事をこなすのが癖になっていませんか?言われたことしかできない・指示がないと何もできない人は、効率的な作業ができません。なぜなら、上司の言うことが絶対ではないからです。

    あなたの上司が日頃から「仕事が早い」と評価されている人物であれば問題ないでしょう。しかし、仕事が遅い上司の場合、指示を鵜呑みにしてばかりでは当然時間がかかってしまいます。

    上司を立てることも必要ですが、自分で「こうすれば早く終わりそうだな」と考えて実践することも大切です。

    作業環境が散らかっている


    デスクの上を片付けるのが苦手で、いつも資料が山積みになっているという人も要注意!作業環境の整理整頓ができていないと、必要なものを取り出すのに時間がかかりますし、重要な書類をなくすなど大事に繋がることもあります。

    日頃からきれいにできていれば、探しものに余計な時間を割いて仕事が遅くなることも、ヒヤッとするようなミスもなくなりますね。「たかが整理整頓」と思いがちですが、仕事を早く終わらせるためには重要なことです。