「自分を卑下する」とは?その心理と特徴・改善方法まで徹底解説!

あなたのまわりに「自分を卑下する」人はいませんか?この記事では、「自分を卑下する」という言葉の意味と、自分を卑下してしまう心理状態や特徴、さらに改善方法をご紹介しています。ついつい自分を卑下してしまう人、卑下ばかりの友人に困っている人はぜひ読んでみてください。

  • 「自分を卑下する」とは?

    「どうせ私なんて」「俺なんてムリだ」という発言、よく耳にしますよね。もしかしたら、心当たりがある人もいるのではないでしょうか。このような趣旨の発言は、一般的に「自分を卑下する」という言葉で表現されることがあります。

    では、「自分を卑下する」とはどのような意味なのでしょうか。ここでは「自分を卑下する」という言葉の意味と、「自分を卑下」してしまう心理状態・特徴と改善方法、さらに自分を卑下しやすい人との付き合い方についてご紹介しています。

    まずは、「自分を卑下する」の読み方、意味、そして類語についてご紹介します。

    「自分を卑下する」の読み方


    「自分を卑下する」の「卑下する」は、「ひげする」と読みます。「卑下」のほかに「卑」を「ひ」と読む言葉には、「卑屈(ひくつ)」や「卑怯(ひきょう)」などがあります。

    「自分を卑下する」の意味


    「卑下」という単語は「人よりも低く、劣ったものとして扱うこと」といった意味です。よって、「自分を卑下する」とは「自分のことを人よりも低く、劣っていると扱うこと」という意味となります。

    「自分を卑下する」の類語


    「自分を卑下する」の「卑下」の類語として、同じ「卑」が使われている「卑屈(ひくつ)」があります。また、「謙遜(けんそん)」「謙譲(けんじょう)」も同じような意味で使用されることがあります。

    しかし、厳密には「卑下」と「謙遜」「謙譲」の意味は異なります。「卑下」と「謙遜」の違いについては後述していますので、そちらも合わせて読んでみてくださいね。