男女別「忘れられない人」の特徴は?切り替え方や実らせ方も紹介!

「忘れられない人」は、誰にでも一人はいるはずです。笑顔が素敵だったり、印象的な振る舞いをしていたり、別れてしまった恋人だったりと、状況はさまざま。ここでは、「忘れられない人」のパターンやどうしたら自分自身が「忘れられない人」になれるのかをご紹介します。

  • どうしても忘れられない人はいますか?

    私たちは、生きていく上でさまざまな「出会い」を経験しますが、性格が合わなかったり、トラブルを起こしたりし、同じような数の「別れ」も経験します。「諦めて次に進もう」と思うことが大半ですが、中には、あの人だけは「どうしても忘れられない」という人もいるはず。

    この記事では、「忘れられない人」の特徴を見ていくと共に、自分が「忘れられない人」になるにはどうしたらいいかをご紹介していきます。

    男性は前の恋を引きずる?


    一般的に、男性は「前の恋を引きずる」といわれています。理由はさまざまですが、「一度手に入れたモノを失ったことによる未練」や「俺がもう少し〇〇できていたらという後悔」によって、引きずるという現象が起こることがあります。

    それは「彼女を失った傷心」ともまた違うもので、未練や後悔による複雑な気持ちで引きずってしまうのだそうです。もちろん、引きずらないタイプだという男性もたくさんいます。

    しかし、そんな男性にも「忘れられない人」が存在するといわれています。

    女性は前の恋をすぐに忘れる?


    一方で女性は、「前の恋をすぐに忘れる」と耳にすることがあります。これは、何も女性の記憶力の問題で忘れやすいというワケではなく、「(女性は男性より)立ち直りが早い」という意味で使用されてきた言葉です。

    例えば、いわゆる[恋バナ]をしているとよく話題に上がる文句は、「女性の恋は上書き、男性の恋は新規保存」という言葉です。これは、PCのデータの保存の仕方にちなんで例えられている恋愛観です。

    しかし、そう簡単に過去の恋を上書きできるものでしょうか?「今でも忘れられない人がいる」というセリフは、女性からも男性からもよく聞くフレーズです。つまり、「男女共に忘れられない人がいる」ということは明確です。