「友達が少ない人」の特徴|その悩みや原因・意外なメリットを解説!

「友達が少ないからもっとほしい……」と、友達の付き合い方に悩む人はぜひ一読してください。「友達が少ない人」にはある特徴があります。また、友達が少ないことは本当に悪いことでしょうか?この記事では友達についてとことん迫ってまとめています。

  • そもそも「友達」の基準は?

    友達とは何でしょうか?改めて考えてみると、意外と答えは見つからないものです。そもそも「友達の定義」を見い出すこと自体がナンセンスな行為かもしれません。

    でも、友達が少ない人より友達が多い人の方が「明るくていい人」というイメージが強いのは確かです。ではここで、「友達の基準」と思われている次の項目は果たして妥当なことなのか?を考えてみたいと思います。

    LINEやアドレス帳の人数?


    「僕のLINE友達の人数は200人くらいいますね。アドレス帳の人数もはっきり分からないけど、もしかしたら500人近くとかいそうです!」(23歳/男性/アパレル系)

    「友達の人数=LINE友達の人数」が最近の若者の中での「友達の基準」となりつつあります。LINEの友達が500人いるという人は、本当に「500人全員と友達」と言えるのでしょうか?

    二人で遊べるかどうか?


    「私の友達は5人くらい。その中で2人きりで遊べる人は実は1人だから、友達が少ないのが今の悩みです」(21歳/女性/大学生)

    友達とは「2人で遊べるかどうか」というのも基準になりそうです。むしろ、2人で遊ぶこともないのに「友達」と呼んでいいのか?も疑問になってきます。同じ大学の仲間だけど2人で遊ばない。でも「知り合い」よりは上だから「友達」と呼んでいるだけかもしれません。

    悩みを相談できるかどうか?


    「『悩みを相談できるのが友達』っていうじゃないですか。僕は、そんな友達が5人はいます。友達からも相談を受けることももちろんあります」(26歳/男性/営業職)

    確かによく言われている「友達の定義」として「悩みを打ち明けられる」というものがよく挙がります。「友達を大切にした方がいい」とよく言われるのはこのためかもしません。辛いときに悩みを聞いてもらえると「友達がいてよかった」と思いますよね!

    用がなくても会える人?


    「暇なとき、とくに用がなくても何となく一緒にいられる友達が2人います。ただぼんやり過ごすだけの時間を共有できると嬉しいんですよね」(22歳/男性/専門学生)

    友達とは、気心知れた仲というイメージも強いです。学生時代はそういった時間を一緒に過ごす仲間を「友達」と呼びます。この人の友達はたった2人ですが、これは悪いことなのでしょうか?