女の嫉妬心が強いのはなぜ?「嫉妬深い女」の心理|恐怖エピソードも!

  • 嫉妬深い女への対処法

    自分の彼女や女性同士の友達関係でも、嫉妬深い女性はちょっと面倒ですよね。嫉妬されないようにと考えながら付き合っていくのは正直疲れてしまいます。

    しかしそんな嫉妬深い女性との付き合い方のポイントを抑えれば、上手に付き合っていくことは可能です。ここではあなたの周りにいる嫉妬深い女性との付き合い方・対処法を考えていきましょう。

    あえて欠点を見せる


    妙な嫉妬心を煽らないために、ご自分の欠点を明かしてしまうのはとても効果的な対処法といえます。「羨ましい」と思われないようにするということですね。これは女性同士の友達関係にとても有効な手段といえます。

    ですが、ここで注意も必要です。欠点を見せようと謙遜し過ぎると、それはそれで逆に嫉妬心に火をつけてしまうかもしれません。自分のダメな所を言う時はホドホドにしましょう。

    距離を置く


    嫉妬深い女性があまり近い距離にいると、こちらのことがよく見えてしまいます。逐一行動を察知されないように、なるべくつかず離れずの距離で接するようにしましょう。

    相手の嫉妬深い女性もあなたの行動が見えるとどうしても気にせずにはいられなくなってしまいます。どんなひとなのかイマイチ分からないくらいの距離を取ることが賢明です。

    友達関係の場合はこれで良いと思いますが、彼女・奥さんとなってくると距離を置くことはちょっと難しく、逆効果になってしまう場合もあります。その場合は次からの項目を参考にしてください。

    連絡はマメにする


    嫉妬深い女性があなたの彼女もしくは奥さんだった場合、直接的になにか対処法を考えなければいけないでしょう。この場合で一番簡単で効果的なのは”マメな連絡”です。

    嫉妬深い彼女や奥さんから連絡がきてしまう前に、あなたの方から何かしらのアクションをするように心がけましょう。最初は面倒に感じますが、徐々にあなたの負担にならないサイクルで連絡をするように誘導することも可能になってきます。

    例えば「今休憩中」や「今仕事終わったよ」など、あなたが連絡できる暇な時を選んで一報入れるようにするのです。短文のメールで構わないので、あなたからのアクションがあれば嫉妬深い彼女・奥さんは安心することが期待できます。

    自分の行動を細かく話す


    彼女や奥さんだけでなく同性の友達関係でも有効なのが、嫉妬深い女性に色々質問攻めされる前に、こちらからなんでも話してしまうことです。相手の嫉妬深い女性は、あなたのことを知りたくてしょうがないのです。

    ですから、”聞かれる前に話す”ということを意識して会話をすると良いでしょう。自分中心に話しをすればいいのですから、これは意外に簡単な対処法といえます。そして、話の最後には「君は?」という一言を添えてあげるとなお効果的です。

    聞かれる前に自ら行動を話し、なおかつ相手の話にも耳を傾けるというスタンスを取れば、嫉妬深い女性でも安心感と満足感が感じられるでしょう。