女の嫉妬心が強いのはなぜ?「嫉妬深い女」の心理|恐怖エピソードも!

  • 「女の嫉妬」恐怖エピソード

    そもそも嫉妬という感情はサッパリしたものではありません。蓋を開けるとドロドロしていて、人間の黒い部分が露呈してしまう感情といえます。そんな嫉妬という心理からくる恐怖のエピソードは見渡すと結構存在します。

    ここではその中でも特に「女の嫉妬」に注目して実際の体験を交え、ご紹介していきましょう。なさそうで本当にあったゾッとするような恐怖の体験を見てみましょう。

    新しく付き合い始めた彼の…


    「最近新しい彼が出来ました。そんな私が女友達とランチしていた時のことです。斜め前に座っていた女性が携帯をいじると見せかけて、明らかに私の事をカメラで撮っているんです。全く知らない女性だったので気持ち悪いなと思っていたら、後日その女性は新しい彼の元カノと判明!何がしたい訳?!」(26歳・女性)

    この女性は、そんな出来事があったということを彼氏に話したそうです。そうした所、元カノから連絡があり「これが新しい彼女?」と写メが送られてきたと白状したそうです。

    このカップルはその後、それだけではなく元カノからのストーカー行為が頻繁になり恐怖を感じたのでお別れすることになったそうです。

    要領のいい新人に嫉妬


    「今年入ってきた新人!なんにもできないクセに要領だけはいいの!「わかりませ~ん」って猫なで声出せば通ると思ってるんじゃないかしら。一方の私はもう30も超えてお局扱い…。

    嫉妬してるつもりはないけどなんとなく憎たらしいんです。だから、出来ないって分かってるけど大量の仕事をいいつけて、残業に追い込んでやりました。」(35歳・女性)

    女性の嫉妬とはあらためて恐ろしいものです。このエピソードの女性は”嫉妬してるつもりはない”と言っていますが、これは明らかに嫉妬です。

    自分より新人の女性の方がチヤホヤされることが気に食わないのでしょう。今回は残業くらいで済みましたが、エスカレートしないことを願うばかりです。

    同級生が選手に抜擢され…


    「高校の友達の話し。その子はテニス部で、毎年大きい大会では選手に選ばれてました。ところが、少し前に転校してきた女子…この子がテニスの腕前でちょっと有名な子だったんです!

    途端に私の友達は選手に選ばれなくなってしまいました。その友達は普段大人しい子だったのに豹変!嫉妬からか、転校生の女子を無視するように皆に指示!あれはコワイと思ったな。」(18歳・女性)

    女性の嫉妬は年齢がいくつであってもあるようです。これは女子学生のお話しですが、自分一人だけでなく、周りも巻き込み無視してしまうという結末になってしまいました。学校という集団生活の中で生まれた嫉妬心は、時に”大勢”に伝線する場合もあります。

    車にGPS携帯が!


    「夫婦生活がマンネリ化してきて、少し遊び癖がついちゃったここ最近の出来事。その日も真っすぐ家には帰らず、ちょっと友達の家に寄り道してたら嫁から突然電話が。「アンタ今〇〇にいるでしょ!」ってドンピシャで当てられびっくり!調べたら車の中にGPS機能の付いた携帯が隠されていて…ゾッとしました!」(29歳・男性)

    今の時代、相手の行動を知ろうと思ったらこんな手を使うこともできます。この男性は奥さんに浮気を疑われていたそうです。

    結果なにもないのですが、行動が怪しいと勘ぐられてしまったのでしょう。奥さんに内緒で遊んでいたらコソコソしていると思われ、女性の影を疑われ嫉妬される羽目になってしまいました。