(やっぱり!)恋人との関係が不安定になると、浮気心がムクムク芽生えてしまう…。イスラエルの研究で明らかに

Baruch Ivcher School of Psychologyの グリット・バーンバウム教授は、恋人に傷つけられた人は、相手に対する性的欲求が減少することから、結果として別の誰かに関心が向くという研究結果を明らかにした。

  • 現在の恋人との間に問題を抱えている人は、別の異性に微笑みを見せたり、ボディタッチなど誘惑するような仕草が増えることが判明

    バーンバウム教授らのチームは、恋人との関係が性的欲求に及ぼす影響と、それに伴う他者への興味の変化について、4種類の実験を行った。彼らはまず、被験者に対し、最近、恋人とのやりとりで傷ついた出来事があるかどうかを問い、相手に対して性的欲求を感じるか、また、別の誰かに興味があるかについて聞き取りを行った。次に、既存の恋愛で傷付いた経験と他者への興味との間に直接的なつながりがあるのかを調べるため、恋人に傷つけられたときの様子を詳細に話してもらい、その相手に対する性的欲求の有無について確認した。さらにそのあと、スクリーンに異性の写真を映し出し、パートナーとして見られるかどうかをYesかNoで回答するよう求めた。最後に、恋人に傷つけられた経験のある被験者が、見知らぬ異性と偶然知り合うようセッティングし、自然に会話が生まれる状況を作り出した。すると、最初の2つの実験からは、恋人に傷つけられた経験を思い出すほど相手に対する性的欲求は減退し、同時に別の異性に目が向きやすくなることが明らかとなった。あとの2つの実験からは、現在の恋人との間に問題を抱えている人は、別の異性に微笑みを見せたり、ボディタッチなど誘惑するような仕草が増えることが判明した。

    つまり、恋人との関係に危うい兆候がある人ほど、自分を慰めるための策として、別の相手に興味を持ったり、自分の魅力をアピールしたくなったりするのだと考えられる。こうなると、現在の恋人との付き合いを維持しようとする気持ちも徐々に薄らいでしまう。カップルの危機は、このようにして訪れるのかもしれない。