ラブラブ交際中の二人の目には、美女もイケメンも映らない!? カナダの大学が研究発表

順調に交際しているカップルは、その安定した関係を守るために、他者からの誘惑を心理的に退ける策を取っていることが明らかになった。シングルの人とは対照的に、円満交際している相手がいる人は、パートナー以外にはあまり魅力を感じない傾向があり、誰かと直接関わる場面でさえも、あまり興味を示さず消極的であることがわかっている。

  • 目の前の人物が魅力的であっても、心理的な抵抗が沸き起こる

    カナダ マギル大学心理学部のジョン・ライドン氏と、ラドバウド大学社会文化心理学部のジョアン・C・カレマンズ氏によると、たとえばパートナーがいる場合、レジスタンス・ストラテジーという策が働き、目の前の人物が魅力的であっても、心理的な抵抗が沸き起こるという。この「ストラテジー」には回避、注意をそらすこと、偏った批判などの意味がある。また、彼らはパートナー以外に対して性的な魅力を感じにくいということもわかっている。一方、彼らが誘惑に負けてしまうのは、精神状態に変調をきたした場合であるとされ、この現象はオートマチック・アクティベーションと呼ばれでいる。つまり既存の恋愛関係を維持するモチベーションが低下したときに、この状態に陥るのだという。

    長期にわたる円満な交際は、お互いの愛情をより一層深め、当人たちの精神状態と健康の維持に役立つことで知られている。これを保ち続けるため、人間の精神は他者からの誘惑に打ち勝とうとするようにできているようだ。