婚約相手がイケメンじゃない場合、女性はより大きなダイヤの婚約指輪を求める

女性は、婚約相手がイケメンではない場合ほど、より大きなダイヤの婚約指輪を求める。また、男性は婚約相手が美人であるほど、より大きなダイヤの婚約指輪を買いたがる。

米 西オレゴン大学の研究チームは、590名の男女を対象に調査を実施した。被験者の平均年齢は29歳で、64%には恋人がおり、79%の人は婚約指輪を渡したり、受け取ったりした経験があるという。

  • 相手の男性がイケメンではないほど、婚約指輪に求めるダイヤは大きくなる

    調査では、被験者に対し、パートナーとして想定される相手の顔写真と簡単なプロフィールを提示した。男性には、自身の年収が400万円であるという前提で、0.5~1.5カラットのダイヤを選んでもらった。女性に対しては、男性の顔写真を提示し、「もしこの人物に男性にプロポーズされた場合、婚約指輪として許容できるもっとも小さなダイヤのサイズはどのくらいか」を答えてもらった。

    その結果、男性は、相手の女性が美人であるほど、大きなダイヤを送りたいと考えていることが判明した。一方、女性は、相手の男性がイケメンから遠ざかるほど、より大きなダイヤの婚約指輪を求めることがわかった。