「いつも結婚指輪をつけている既婚者」は4割に留まる

  • ■「結婚1年目」で結婚指輪をつけなくなった人が3人に1人

    「結婚指輪をつけていない」と答えた人に対して、つけなくなったタイミングについて聞いたところ、「結婚1年目で結婚指輪をつけなくなった人」は34.4%と全体の3割強、「結婚3年目で結婚指輪をつけなくなった人」は人が10.6パーセンと全体の約1割を占めることがわかりました。また、「結婚指輪をつけていない人」の割合を見ると、結婚1年目で3人に1人、3年目では半分以上の人が「つけていない」ことも判明しています。
  • ■男女ともに、「結婚していることを知られたくないから指輪を付けない」人は1%程度

    「結婚指輪をつけていない」と答えた人に、その理由を聞いたところ、「仕事の業務上支障があるから」(28.9%)、「日常生活に支障があるから」(26.7%)、「これという理由はない」(17.8%)の順に回答が多く、「結婚をしていることを知られたくない」という人は、男女ともに1%程度に留まることも明らかとなっています。

調査概要:既婚男女の「結婚指輪」に関する意識調査(楽天ウエディング調べ)
調査地域: 全国
調査対象: 全国の既婚25歳~49歳の既婚男女
※男女25歳~29歳(56名:56名)、30歳~34歳(56名:56名)、35歳~39歳(56名:56名)、40歳~45歳(54名:42名)、46歳~49歳(56名:56名)
調査方法:インターネットを利⽤したクローズ調査
調査日: 2018年5月25日(金) ~ 5月29日(火)