「辛いけど吹っ切れた」と女の子に感謝される告白の断り方9パターン

女の子が勇気を振り絞って好意を打ち明けてくれたのに、NOを突きつけるのは簡単なことではありません。傷つけてしまうのは仕方がないとしても、自分に告白したことを後悔させるような断り方だけは避けたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「『辛いけど吹っ切れた』と女の子に感謝される告白の断り方」をご紹介します。

  • 【1】「ごめんなさい!だけど君の気持ちものすごく嬉しい!」と感謝する

    「辛いけど、喜んでもらえたら少しは救われます」(10代女性)というように、告白されたことをありがたいと感じたら、素直にその気持ちを言葉に出すといいかもしれません。自分のために勇気を出してくれたことに心から感謝しましょう。

注目の記事(男性)

注目の記事(女性)