忘れたいのに忘れられない…元カノにこだわってしまう理由9パターン

「彼女とはもう終わったんだ」と分かっていても、相手の面影をきれいサッパリ頭から締め出すのは難しいもの。なぜ元カノを忘れられないのか、その理由を自分なりに分析できると、前向きに気持ちを切り替えられるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「忘れたいのに忘れられない…元カノにこだわってしまう理由」をご紹介します。

  • 【1】元カノのことを以前と同じように大切に想っているから

    「向こうが自分のことをもう好きじゃなくても、自分は彼女が好きなんです」(20代男性)というように、報われない想いに、がんじがらめになっているケースです。別れを受け入れざるを得ないのであれば、時間に身を委ねて、気持ちが鎮まるのを待つしかないでしょう。
  • 【2】元カノが生活の一部になってしまっていたから

    「半同棲状態だったから、部屋にいるだけで元カノを思い出してしまって…」(20代男性)というように、彼女不在の状況がどうにも不自然で、居心地の悪さを日々感じているケースです。思い切って見知らぬ街に引っ越して、環境を変えてみてはいかがでしょうか。