感覚の違いに注意!女子にとっては黒歴史な「男の武勇伝」9パターン

  • 【9】まったく尊敬できない「カンニング」

    「卑怯な人は好きになれない」(10代女性)というように、カンニングは厳正な試験における違反行為なので、努力家の女性ほど受け入れられないようです。「一生懸命勉強したのに0点だった」などの話のほうが、かわいげがあって好印象ではないでしょうか。

どれも「武勇伝」としては明らかなチョイスミスですが、女性のタイプによっては完全に笑えない話になってしまうので、迂闊に話さないほうがよさそうです。お酒の席などではついつい話を盛りがちなので、十分気をつけましょう。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock