「私と結婚するつもりあるの?」と彼女を不安にさせる一言9パターン


多くの女性は少なからず結婚願望を持っているもの。男性に結婚する気がないと感じると、恋愛感情が冷めてしまうこともあるようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんに、彼氏のどんな発言を聞いたとき「私と結婚するつもりあるの?」と不安に感じるのか教えてもらいました。

  • 【1】「やっぱ一人が気楽でいいわー」とケンカしたあとにつぶやく。

    「それなら本当に一人になればいいじゃん」(20代女性)というように、「一人が気楽」発言は、結婚願望がある女性にとってタブーのようです。二人の関係を終わらせる危険な言葉として、心に留めておきましょう。

  • 【2】「両親への紹介は、まだ早いんじゃない」と実家に招くことを拒む。

    「いつならいいの? 表面だけの言葉はいらない」(20代女性)というように、親への紹介を拒む一言にショックを受ける女性もいます。「まだ早い」と思っていても、具体的にいつ紹介したいと思っているのかくらいは伝えたほうがよさそうです。

  • 【3】「○○も結婚したいと思っているの?」と、面倒くさそうに結婚願望を聞く。

    「私の年齢とかで分かるでしょ!」(30代女性)というように、ダルそうに結婚願望を尋ねられガッカリしたという女性もいます。適齢期の女性の多くは、少なからず結婚を意識しているものと心得ておいたほうがいいでしょう。

  • 【4】「先のことは考えられない」と言って、将来について話そうとしない。

    「それを聞いて、私も彼との将来を考えられなくなった」(20代女性)というように、将来を考えていない彼氏に嫌気がさすこともあるようです。無責任に将来を語ることはできないと思っていたとしても、彼女の考えに耳を傾けるくらいの配慮があるといいでしょう。

  • 【5】「クルマ乗り換えるわ」など、結婚前に高額のローンを組む。

    「お金が必要なのに、ローンを組むっていうことは…」(30代女性)というように、「もうそろそろ…」と思っているときに高い買い物をされて失望した女性もいます。高額出費は結婚の話が出てくる前に済ませておいたほうがよさそうです。

  • 【6】「俺には結婚の資格がない」と長年付き合っていても言い続ける。

    「やさしそうに見えて自己中だと思う。私の気持ちを無視してる」(30代女性)というように、抽象的な理由で先延ばしにする男性も愛想を尽かされてしまいます。「結婚する資格」ではなく「仕事が落ち着くまで」など、できない理由を具体的に伝えましょう。

  • 【7】「貯金? あるわけないじゃん」など貯蓄がないことを平気で告白する。

    「貯金ゼロなのに胸を張る彼氏。一気に冷めた」(20代女性)というように、蓄えがなくても平気な彼氏に絶望した女性もいるようです。せめて貯金する意思があることだけはアピールしたほうがいいかもしれません。

  • 【8】「転職しようと思っている」と言って何度も仕事を変える。

    「いい年した彼が未経験の業界に飛び込んだ。いろいろあきらめた」(30代女性)というように、無謀な転職をする彼氏にドン引きした女性もいます。ただし、好条件の仕事のアテがあるのであれば、結婚にプラスになると理解してもらえるでしょう。

  • 【9】「今幸せだから、何も変える必要ないよね」などと、現状に満足していることをアピールする。

    「つまり、結婚という責任から逃れたいわけか…」(20代女性)というように、耳触りのいい言葉でごまかそうとしていると思われてしまうようです。聞かれてもいないのに、わざわざ現状維持をアピールするのは控えましょう。

ほかにも「彼女を『私と結婚するつもりあるの?』と不安にさせてしまう一言」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock