言い訳無用!彼女に「手抜き認定」されてしまうLINE9パターン

時間がなくて会えないときほど、彼女とLINEでやりとりする回数が増えるもの。とはいえ、忙しさにかまけて雑な対応をすると、「愛がない!」などとひんしゅくを買いかねないので、油断は禁物かもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「言い訳無用!彼女に『手抜き認定』されてしまうLINE」をご紹介します。

  • 【1】「ふーん」「そう」などの短い相づちをひたすら繰り返す

    「読み流してるのがみえみえで、伝える気が失せた」(10代女性)というように、お決まりの相づちでやり過ごそうとして、不興を買うパターンです。顔が見えないぶん、感嘆符や絵文字で表現を補って、無愛想にならない工夫をしましょう。