うわ、キモい!女性に敬遠されるオタクならではの問題行動9パターン

「自分はオタクだ」という自覚がある男性も、具体的にどういう部分が女性を遠ざけているのか、あまりピンときていないケースが多いもの。無意識に出る言動のせいで、ますますモテにくくなりたくなければ、「やめておいたほうがいいこと」を覚えておいたほうがよさそうです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「うわ、キモい!女性に敬遠されるオタクならではの問題行動」をご紹介します。

  • 【1】「いいでしょ、これ限定品」と得意げに萌えキャラのスマホカバーを使う

    「ご本人はハッピーなのでしょうが、大人の男性の持ち物としてはどうかと」(20代女性)というように、アニメの絵のついた小物は、ときとして見苦しく映るようです。頻繁に人の目に触れる物なら、インパクトのあるキャラグッズは避けたほうが良いかもしれません。
  • 【2】「なんか『〇〇』っぽいよねー」など、女子をいちいちアニメキャラにたとえる

    「知らないキャラにたとえられても、気持ち悪いだけ」(20代女性)など、オタクの分野でしか物事を語れないと、偏狭な印象を与えてしまうようです。女性を褒めたいのであれば、女優やタレントなど、一般的に通じる有名人にたとえるのが無難でしょう。