「絶対許さない!」女の子の恨みを買う告白の断り方9パターン

  • 【4】「ゴメン、好きになれそうもない」と直球で断る

    「好きな人に嫌われていて死にたいと思いました」(10代女性)というように、剛速球でノーの返事をぶつけるパターンです。嘘も方便ではないですが、たとえば「ほかに好きな人がいる」などと、相手をあまり傷つけない言葉を選びたいものです。