「絶対許さない!」女の子の恨みを買う告白の断り方9パターン

まったく眼中になかった女の子から告白されたとしても、あからさまに冷たい態度を取るのは考えものです。好きになってくれた相手に失礼なだけでなく、そのせいで悪い評判が広まってしまったら自分にとってもマイナスでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「『絶対許さない!』女の子の恨みを買う告白の断り方」をご紹介します。

  • 【1】「マジで言っているの?」と本気にしない

    「本当に好きなのに、それすら信じてもらえなくて辛かった」(10代女性)というように、相手の告白を、マジメに聞かずに受け流してしまうパターンです。付き合う気がないとしても、まずは「ありがとう」と気持ちを受け取りましょう。