百年の恋も冷めた…彼氏の「雑な扱い」に幻滅した瞬間9パターン

彼女を大切に想っていても、うっかり思いやりに欠ける態度を取ってしまうことはあるもの。悪気がないとはいえ、あまりにぞんざいな扱いをすると、彼女の心がすっかり離れて、取り返しのつかない事態を招いてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「百年の恋も冷めた…彼氏の『雑な扱い』に幻滅した瞬間」をご紹介します。

  • 【1】「おい」「お前」などの横柄な呼び方をされたとき

    「『え…』って固まってしまった。なんか悲しくなりました」(10代女性)というように、うっかり乱暴な言葉遣いで彼女に声をかけてしまい、ドン引きされたケースです。「実は男尊女卑?」などと誤解されないよう、とにかく謝り倒しましょう。