そこまでされると逆に引く…純愛男性の「重すぎる気遣い」9パターン

好きな女性のためなら、なんでもしてあげたくなるのが恋というもの。とはいえ、よかれと思って全力で尽くしても、期待通りに喜んでもらえるとは限らないので、注意が必要かもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「そこまでされると逆に引く…純愛男性の『重すぎる気遣い』」をご紹介します。

  • 【1】「そのカーディガン初めてだよね。買ったの?」などと、女性の些細な変化に敏感に反応する

    「チェックされてる!とギョッとしてしまった」(20代女性)というように、話のきっかけを作ろうとして、相手の細かい点に言及するのはNGのようです。褒めるのはいいとしても、「その色、似合うね」などと無難に切り出したほうが好印象でしょう。