しょうがない?女子から浴びせられたヒゲへの衝撃的な一言9パターン

  • 【6】「えっ、無精ヒゲじゃなかったの?」と努力を否定される

    「時間をかけて手入れしていたのに、まったく伝わらなかった」(10代男性)というように、頑張ってやっと生やしたヒゲなのに、無精ヒゲ扱いされてしまったケースです。万人に「無精ヒゲではない」とわかってもらいたければ、清潔感を意識したトリミングを心がけるしかないでしょう。