日本人大リーガーから学ぶ「地道な努力の大切さ」4パターン

一口に「努力」といっても、何をどの程度頑張ることが明日の成功につながっていくのか、いまいち全容が見えにくいもの。ここはひとつ、アメリカンドリームを叶えた日本人大リーガーの著作から、「地道な努力の大切さ」を確認していきましょう。

  • 【1】「『最大限の準備をする』と言っても、何か特別なことをするわけではない。毎日、同じことを黙々とこなしていくだけだ」(上原浩治|覚悟の決め方)

    この本が上梓された前年(2013年)、ボストン・レッドソックスのクローザーとしてチームのワールドシリーズ優勝に貢献し、胴上げ投手にもなった上原浩治。クローザーとは、自分のチームがリードしていて、あと1イニング凌げば勝ちというシーンで最後に登板する投手のこと。つまり相手チームの反撃を抑え、そのまま勝利に持ち込む重要な役割を担っています。クローザーは、常にチームの勝敗のかかった最終局面でマウンドに上がるわけで、その緊張感たるや想像を絶するものでしょう。この短期集中型の勝負を切り抜けるため、彼はいつも最大限の準備をして臨んでいたといいます。だからといって、何か特別なことをするのではなく、「毎日、同じことを黙々とこなしていくだけ」だったそうです。重責に負けることなくチームの優勝に一役買った彼の言葉だからこそ、それがプレッシャーに打ち克つ唯一の準備なのだと伝わるのではないでしょうか。