彼女に振られても交際をキレイな思い出にするためのセリフ9パターン

大好きな彼女から別れを切り出されたら、動揺するのは当然でしょう。それでも、「もう戻れない」ことを悟ったのなら、二人の歴史を美しい思い出にするためにも、気の利いた一言を残したいところです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「彼女に振られても交際をキレイな思い出にするためのセリフ」をご紹介します。

  • 【1】「最高の思い出をありがとう」ととにかく感謝の気持ちを述べる

    「傷つけたのに、感謝されるとは思わなかった」(10代女性)というように、付き合ってくれたことについて「ありがとう」を伝えるパターンです。さすがに別れの当日に感謝できないという場合は、心の整理がついてから、後日メッセージとして届けるのもアリかもしれません。
  • 【2】「そういう嘘が吐けないところが好きだった」と責めずに好意的に受け止める

    「怒られると思っていたので意外だった」(20代女性)というように、彼女の誠実な対応を褒めるパターンです。「ほかに好きな人ができた」と正直に明かされたのであれば、そのことに感謝しましょう。