むしろ愛おしい!と彼女に笑い飛ばしてもらえる「黒歴史」9パターン

  • 【8】熱狂的なアイドルオタクだったが、彼女のために足を洗った

    「グッズも全部捨てたと聞いて、涙が出そうになった」(20代女性)というように、彼女のために大事な何かを犠牲にした話をしたら、一気に株が上がりそうです。実は完全には手を引いていなくても、隠し通す自信があるなら、黙っておくのが得策でしょう。